SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通と電通デジタル、Zuora Japanと提携 サブスクリプション型ビジネスの支援行う

 電通と同社の子会社である電通デジタルは、サブスクリプション型プラットフォーム提供を行う米Zuora Inc.の日本法人であるZuora Japanと業務提携を行った。同提携で両社はサブスクリプション型ビジネスを通じて、企業の事業やマーケティング変革を支援するサービスを開始する。

 サブスクリプション型ビジネスとは、商品・サービス契約に対して都度単位に支払いを受けるのではなく、一定の利用期間に対して継続的に対価を支払ってもらう課金ビジネスのことを指す。同課金モデルは、これまでも月額の定額制契約を中心に、デジタルコンテンツなどの業種で利用されてきた。

 今後3社は、それぞれが培ってきたマーケティング・コミュニケーションやデジタルソリューション分野における実績と知見をもとに、サブスクリプション型ビジネスにおける統合ソリューションを提供していく。

 具体的には、サブスクリプション型ビジネスを検討したい企業や、同ビジネスを進化させたい企業向けに、顧客視点でのサービス開発のコンサルティングから価格設定、業務プロセス設計支援、契約管理システムの開発・導入などを行っていく。

 また導入後には、顧客一人ひとりの製品・サービスに対するニーズや利用状況に合わせたプランの提供、特定の潜在顧客に向けたトライアル製品やサービスの案内など、きめ細かなコミュニケーション支援も実施する。

【関連記事】
電通、オーストリア最大の総合メディア代理店「メディア・アット」の株式100%取得で合意
電通とアグリゲート、地域産品のテストマーケティングサービス「テストミン」の提供を開始
freeeがZuora提供のサブスクリプション・ビジネスの収益向上プラットフォームを導入
日本での定額制音楽配信サービス定着の布石となるか、エイベックスとCAが「AWA」提供へ
エイベックス・デジタル、ソニー・ミュージック、LINEが音楽配信の新会社LINE MUSICを設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング