SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エムティーアイの「電子母子手帳」、茨城県大子町にて提供開始

 エムティーアイが企画・開発した「電子母子手帳サービス」が、茨城県大子町にて本導入され、6月より提供をスタート。同サービスは、ICTを活用した子育て支援策として、既に40以上の自治体で導入されている。

電子母子手帳の画面イメージ
電子母子手帳の画面イメージ

 同サービスは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応。妊産婦と子どもの健康データの記録、管理や予防接種のスケジュール管理、出産と育児に関するアドバイスなどを提供するものだ。

 また、同サービスには、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成した、育児日記として使用できる機能も搭載。子育てにまつわる記念日を記録するほか、子どもの成長・発達の目安としての役割も果たす。さらに、パートナーや祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報配信など、新たなコミュニケーションツールとしても活用可能だ。

 同社は、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境作りを支援し、2018年までに1,000自治体への導入を目指す。

【関連記事】
ドコモ、高齢者向け見守りソリューション「おらのタブレット」の提供を6月より開始
ヤフー、全国の自治体と連携開始~「Yahoo!ショッピング」で特産品など販売へ
読売広告社とフレイ・スリー、地域振興推進プログラムの提供開始〜動画での発信を簡単に
千趣会、育児キュレーションサービス「nicottie」の提供を開始
西友、子育て夫婦のコミュニケーションを活発化するイクメン応援・育成アプリをリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/06/09 14:00 https://markezine.jp/article/detail/26616

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング