MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DACの「AudienceOne」とランドスケイプの企業DB「LBC」が連携 ターゲティングを強化

2017/07/03 12:00

 DACとランドスケイプは、DACのDMP「AudienceOne」とランドスケイプの企業データベース「LBC」を連携し、企業属性を特定したターゲティング広告の提供を開始した。

 従来のDMPデータでは、サイトの閲覧状況などからネットユーザーの関心や職業、役職などを推定し分析やターゲティングを行ってきた。しかし、今回DACの「AudienceOne」は、ランドスケイプが保有する日本最大級の企業データベース「LBC」をもとに、業種や売上規模などネットユーザーの所属する企業の属性を加えた新たなセグメントデータを構築した。

 このデータを活用することで導入企業は、例えば「従業員500人以上の製造業」のユーザー端末など、アプローチしたい企業の属性に応じたセグメントで、より適切なターゲティングアプローチが可能になる。

 またDACは第1弾商品として、同社のDSP「MarketOne」でのBtoB属性ターゲティング広告の提供を開始。企業規模売上や資本金、従業員数、業種、地域、上場有無などの企業属性データを活用したターゲティングができる。

 さらにこの企業属性を特定したターゲティング広告は、LBCとの連携を発表したイノベーションの提供する「ListFinder(リストファインダー)」などのマーケティングオートメーションツールとの連携も可能になっている。これによりDACとランドスケイプの両社は、BtoB企業によるマーケティングの効率化および高度化に貢献する狙いだ。

【関連記事】
DAC、朝日新聞社、集英社の3社がコンテンツマーケティング支援を開始 ブランドリフトを促進
DAC、ブロックチェーン活用によるデジタル広告効果透明化実証実験スタート
ソーシャルPLUS、DACの「DialogOne」と連携開始 IDとLINEアカウントの連携率向上
DAC、デジタルブランディングに特化した専門組織を設立
DAC等、音声によるコンテンツ認識技術を活用した広告配信システムを独自開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5