SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

hakuhodo-VRARと建仁寺 日本文化財のデジタル・トランスフォーメーション事業の共同研究開始

 博報堂と博報堂プロダクツによるVR・AR専門組織のhakuhodo-VRARは、京都市東山区にある臨済宗建仁寺派大本山建仁寺が所蔵する、俵屋宗達の手になる国宝「風神雷神図屏風」をモチーフとした共同研究を建仁寺と開始する。本研究は文化財にMixed Reality(複合現実)の技術を応用するもの。

 本共同研究でhakuhodo-VRARは、国宝「風神雷神図屏風」を描いた俵屋宗達の意図や作品に込めた願い、題材となった「風神雷神」の由来、後世への影響を3Dグラフィックで表現し、建仁寺の「風神雷神図屏風」上に表示させる。

 鑑賞者はマイクロソフトのホログラフィックコンピュータ「Microsoft HoloLens」を着用することで、「風神雷神図屏風」と3Dグラフィックを重ねて鑑賞できるようになる。今後については、建仁寺での一般公開や、京都国立博物館での公開などを検討しており、早ければ年内に実施する予定。

【関連記事】
グリー、スマホで住居空間のVRコンテンツが撮影できる「InsideMaps」の販売開始
BitStarと360Channel、インフルエンサーが360度動画を拡散するプロモーションを提供
フジテレビ、受注Webサイト「Fuji VR」を開設 デジタル技術×制作力生かし総合プロデュース
ダノン、ヨーグルト工場のVR見学ツアーを開始
LegolissとFiveHangouts、共同で新会社設立~VR領域のマーケティング支援行う

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/07/06 09:30 https://markezine.jp/article/detail/26765

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング