SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂コンサルティング子会社、カブクと共同でASEANにおけるプロダクト開発のプログラムをリリース

 博報堂コンサルティング・アジア・パシフィックは、カブクと共同で、ASEAN地域におけるプロダクト開発を短期間で可能にする商品開発プログラム「Agile Future Emerging Program (アジャイル・フューチャー・イマージングプログラム)」をリリースした。

 ASEAN地域は人口増加・経済成長にともなう市場成長が見込まれる一方で、国・都市ごとの民族や宗教、言語が多様であり、変化のスピードが速い特徴がある。よって生活者インサイトを捉える際は、ASEAN地域での「共通性」と、個別の国・都市における「個別性」への対応が重要となる。

 ASEAN地域における商品開発や新規事業開発のプロジェクトを行ってきた同社は、ビジネスデザインおよびASEAN生活者インサイトの発見、カブクは製品開発のプロトタイピング以降のプロセスに強みを持つ。今回リリースを通じて両社は相互補完しながらプロジェクトを運営することで、調査から製品化までのプロセスを効率的に運営することができる。

 また、カブクと提携関係にある日本通運とのグローバル流通ネットワークとデジタル製造サービスを連携し、製造と輸送を一体化することで、リードタイム・コストの低減と圧縮を実現した。同プログラムでは現地生活者からのフィードバックを受けながら、3ヵ月から6ヵ月を目安に、現地の多様性を加味した商品・サービス開発が可能である。

【関連記事】
博報堂アイ・スタジオ他、医療用医薬品のデジタルマーケティング支援を行う「MEDISON」立ち上げ
カブクとHonda、3Dプリントによる車両を共同製作~総工程を約2か月に大幅短縮
電通とカブクが業務提携、デジタルファブリケーション領域の製品開発や事業化支援で連携へ
トランスコスモスとジーニーが新会社設立、ASEAN地域10か国にSSP提供へ
オプト、ASEAN事業の拠点をシンガポールに新設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/07/24 15:30 https://markezine.jp/article/detail/26835

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング