SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「LINE@」が10月上旬にリニューアル 公式アカウントの機能を一部開放

 LINEは、同社が提供する店舗・企業向けLINEアカウント「LINE@」において、2017年10月上旬に機能とサービスのアップデートを実施することを発表した。

 「LINE@」は、LINEのユーザー基盤と高い利用率を活かした、ユーザーへのダイレクトな情報発信やビジネス活用が可能な店舗・企業向けのLINEアカウント。2012年12月の提供開始以来、主にユーザーと店舗・企業をつなぐ販売促進のサポートサービスとして、飲食・アパレル・美容・宿泊施設など多くの店舗・企業に活用されており、すでに26万以上の認証済みアカウント(2017年3月時点)が開設されている。

 今回のアップデートでは、店舗・企業からの利用要望が多かったLINE公式アカウントの一部の機能が「LINE@」でも利用可能になる。実装されるのは以下の3つだ。

リッチメニュー実装

 トークルーム下部に固定表示されるメニュー欄に、訴求したいWebページのURLなどを遷移先として設定することが可能になる。

リッチビデオメッセージ実装

 ユーザーがトークルームに入ると、動画が自動再生される。再生後にアクションボタンが表示され、クリックで任意のURLに遷移する。

動画・音声メッセージ実装

 動画メッセージおよび音声メッセージを送信できる。

 また、有効友だち数の中で、性別・年代・活動エリアなどのみなし属性を推定できるユーザーを「ターゲットリーチ数」として表示することが可能になる。なお、今後はターゲットリーチ数を基準とした料金形態への変更も予定している。

 その他にも、地方自治体のアカウントの無償化や審査基準の緩和、ロゴの変更などを実施する(ロゴ変更は10月上旬のリニューアルに先立ち順次実施)。

【関連記事】
Web接客プラットフォーム「KARTE」、 LINEの「Official Web App」に対応
「LINE@」に「LINE ショップカード」機能追加!無料でデジタルポイントカードの発行・管理可能に
新規アカウント10万件、累計24万件突破! LINEが「LINE@」オープン化1ヶ月の実績を公開
博報堂DYデジタルとLINE、広告効果測定の精緻化目指したプロジェクト始動 独自の指標確立へ
LINEの活用で学生の未返信率を削減~パイプドビッツ、新たな情報配信システムを構築

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/08/23 12:00 https://markezine.jp/article/detail/26970

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング