SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JKの流行り言葉、どれだけ知ってる? LINE、調査をもとに作成したWeb動画公開

 LINEは9月7日、動画シリーズ『LINE みんなの物語』第2弾となる動画「ワンチャンワンドキ!JK用語でJKの1日を再現してみた」を公開した。

 今回の動画は、リアルな女子高校生の1日にこだわって作成。動画制作者は、制作前に女子高校生の間で流行している言葉やトレンドを女子高校生からヒアリングし、女子高校生のリアルな流行語やトレンドを情報収集し制作を進めた。動画内には「38の流行語」と「5つのトレンド」が含まれている。

 これに関する調査結果を同社は公開しており、流行語のうち、認知度ベスト3となったのは「イミフ(意味不明の意味)」「ワンチャン」「卍(まんじ)」だった。

 また、LINEは5つのJKトレンドとして以下を挙げた。

  • 自身のブサイク顔を撮影し、LINEでその写真を送って友だちを笑わす
  • お祝いするとき、お菓子が詰まったリュックや教室の席にスィーツのタワーをサプライズで用意する
  • その時の気分をLINEのプロフィール画像によって表現する
  • LINEのプロフィール画面の文章を工夫することで電話をもらう
  • 卍を様々なシーンで使う

 さらに、調査の中では女子高校生のトーク事情についても尋ねており、「1日にLINEを利用する人数」の質問に対し、10名以上と回答した人が全体の25%、50名以上と回答した人は5%の結果となった。また、「1日にLINEでメッセージを送信する数」の質問では、30通以上と回答した人が約50%、50通以上と回答した人は23%だった。

【関連記事】
チーターデジタル、「LINE公式アカウント」と「LINE ビジネスコネクト」の支援強化
「LINE LIVE」がドイツに進出 欧州メディアグループ会社と共同展開
VAZとCandee、動画メディア領域で業務提携 LINE LIVEで配信をスタート
女子高生、LINEをどう使ってる?LINEがWeb動画「JKのLINEあるある」を公開
テスティー、フリューと共同でJCからJDまでを対象としたアンケートサービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング