SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通アイソバー、AI「Adobe Sensei」を活用したデジタルアセット管理システムの導入支援開始

 電通アイソバーは、米アンダーアーマーの日本総代理店であるドームへ、「Adobe Sensei」を活用したデジタルアセット管理システム「Adobe Experience Manager Assets(以下AEM Assets)」の導入を支援する。

 ドームは、マーケティングの高度化、顧客体験の向上に向けて、デジタルプラットフォームの基盤構築を推進している。その取り組みの一環として、デジタルアセットを統合的に管理し、顧客に最適なコンテンツを届けるための基盤として、AEM Assetsを採用した。

 AEM Assetsは、アドビのAIとマシンラーニングのフレームワーク「Adobe Sensei」の画像認識と自動タグ付けを行うsmart tags(スマートタグ)機能により、画像、写真、ビデオおよびその他の視覚的なデジタルアセットの管理を容易にする。

 これにより、直営店や量販店も交えた商品画像などデジタル素材の一元管理が可能となり、制作業務フローにおける業務効率を向上。また、アセット管理業務が標準化され、検索性が向上することにより、多様なコンテンツのスピーディな市場投入が期待される。結果として、Web・店舗などを含めたオムニチャネルによるデジタルマーケティングを積極的に展開することが可能となる。

【関連記事】
電通アイソバー、NetBaseと協業し自然言語処理によるSNS分析を活かしたコンサルティングを提供へ
LINE ビジネスコネクト向けサービス「TONARIWA」とドコモのチャットボット連携 グリコが導入
電通アイソバー、Adobe Campaignの顧客情報とLINEユーザーを連携するサービスリリース
丸井グループ、Adobe Experience ManagerとAdobe Targetを採用
イオン銀行、「Adobe Experience Cloud」を導入 オムニチャネル化の加速へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/09/15 14:00 https://markezine.jp/article/detail/27098

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング