MarkeZine(マーケジン)

記事種別

AIのビジネスへの活用を促進!オープンプラットフォーム「ABEJA Platform」ベータ版が公開

2017/09/20 15:00

 ABEJAは、AI・ディープラーニングを活用したオープンプラットフォーム「ABEJA Platform」のベータ版をパートナー向けにリリースした。また同社は、2018年2月に、「ABEJA Platform」正式版の提供を開始する。

 ABEJA(アベジャ)は、9月11日、オープンプラットフォーム「ABEJA Platform」のベータ版を、Partner Ecosystem参加企業(以下、パートナー企業)向けにリリースした。なお、2018年2月には「ABEJA Platform」正式版の提供を開始する予定だ。

 「ABEJA Platform」はAI・ディープラーニングを活用したクラウドサービスで、同社が2012年から社内で活用してきたもの。同社は「ABEJA Platform」をオープンなプラットフォームとして提供することが、AI・ディープラーニングを広く普及させ、ビジネスのハードルを下げるために重要であると考え、今回の取り組みに向けた構想を進めてきた。

ディープラーニング活用のサイクルと開発・運用工程および各種課題
ディープラーニング活用のサイクルと開発・運用工程および各種課題

 企業がビジネスのソリューションとしてAI・ディープラーニングを活用するための環境を構築するには、多くの工程を乗り越え、さらにそれに付随するシステムの開発が必要となる。「ABEJA Platform」を活用することで、ユーザー企業は、環境の構築に必要なインフラや周辺システムを1つのプラットフォームで一貫して利用することが可能に。AI、特にディープラーニングのビジネスへの活用を円滑に行うことができる。

【関連記事】
トランスコスモス、インフィード広告が得意なAIコピーライターを開発
電通アイソバー、AI「Adobe Sensei」を活用したデジタルアセット管理システムの導入支援開始
「価格.com」、 AI型の検索機能を導入 検索行動を自動的に学習
さくらインターネットとABEJA、「さくらのIoT Platform」での連携を発表
人工知能のABEJA、IoTのウフルと業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5