SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AIのビジネスへの活用を促進!オープンプラットフォーム「ABEJA Platform」ベータ版が公開

 ABEJA(アベジャ)は、9月11日、オープンプラットフォーム「ABEJA Platform」のベータ版を、Partner Ecosystem参加企業(以下、パートナー企業)向けにリリースした。なお、2018年2月には「ABEJA Platform」正式版の提供を開始する予定だ。

 「ABEJA Platform」はAI・ディープラーニングを活用したクラウドサービスで、同社が2012年から社内で活用してきたもの。同社は「ABEJA Platform」をオープンなプラットフォームとして提供することが、AI・ディープラーニングを広く普及させ、ビジネスのハードルを下げるために重要であると考え、今回の取り組みに向けた構想を進めてきた。

ディープラーニング活用のサイクルと開発・運用工程および各種課題
ディープラーニング活用のサイクルと開発・運用工程および各種課題

 企業がビジネスのソリューションとしてAI・ディープラーニングを活用するための環境を構築するには、多くの工程を乗り越え、さらにそれに付随するシステムの開発が必要となる。「ABEJA Platform」を活用することで、ユーザー企業は、環境の構築に必要なインフラや周辺システムを1つのプラットフォームで一貫して利用することが可能に。AI、特にディープラーニングのビジネスへの活用を円滑に行うことができる。

【関連記事】
トランスコスモス、インフィード広告が得意なAIコピーライターを開発
電通アイソバー、AI「Adobe Sensei」を活用したデジタルアセット管理システムの導入支援開始
「価格.com」、 AI型の検索機能を導入 検索行動を自動的に学習
さくらインターネットとABEJA、「さくらのIoT Platform」での連携を発表
人工知能のABEJA、IoTのウフルと業務提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/09/20 15:00 https://markezine.jp/article/detail/27120

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング