SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エイクエント、クリエイティブ・マーケティング・コミュニケーション分野の国際給与調査を実施

 調査対象となるのは世界16か国28都市で、日本国内の対象都市は、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の5都市。広告会社、一般企業またはWebプロダクション、PRエージェンシー、マーケティングエージェンシーなどを対象として、正社員の給与のみをデータとして収集する。調査は2月1日からすでに始まっており、2月24日に終了する。集計された給与データは2008年夏に発行予定の最新版「AQUENT Orange Book」(日本語対訳付き)として、回答者に進呈される(非売品)。

昨年の調査結果をまとめた
“The Aquent Orange Book 2006 | 2007”

 調査は、下記リンクからアクセスできる回答サイトで5~15分ほどの質問に答えるかたちで行われる。また、抽選で10名に「iTunes Card(1500円)」のプレゼントもある。

【関連リンク】
平均年収トップは「投資銀行業務」、「MR」などの医療・医薬系も強さを発揮【DODA職種別平均年収調査】
年収1千万円超ネットユーザーの割合、英国は4人に1人、オーストラリアは3人に1人
【リサーチ】景気回復は幻想?実態は10年前より100万円以上年収ダウン ─全国6000人への調査より
採用市場激化、新卒採用年間コストは1322万円

エイクエント「国際給与調査 2008|2009」回答サイト

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/19 09:30 https://markezine.jp/article/detail/2729

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング