SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、店頭販促に特化した新ソリューションの提供開始 第一弾メニューは大規模サンプリング

 LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」および「LINE」関連サービスを活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の本格提供を開始した。

 同社では「来店」から「購買」を中心とした、売上に最も直結するユーザー行動を「LINE」にてサポートするべく、専門部隊であるインストアセールスプロモーションチームを立ち上げるなど、店頭販促領域の強化を進めてきた。

 そして新ソリューションは、店頭オペレーションの軽減や店頭POPの削減、キャンペーン参加の促進、購買行動の把握といった店頭販促における課題を解決することに特化している。

 個社個別のカスタマイズ型ではなく、汎用パッケージ化することで、シンプルな価格・仕様での提供を実現した。なお、「LINE SP Solutions」の利用にLINE公式アカウントやLINE ビジネスコネクトの開設は不要で、単発で施策が実施できる。

 また、同社は同ソリューションの第一弾メニューとして「LINE サンプリング」をリリースした。同メニューは、月間利用者数7,000万人超(2017年10月時点)を誇る「LINE」のユーザー基盤をいかした大規模サンプリングが最大の特長。「LINE」のタイムラインの拡散性による大量リーチによって、キャンペーン応募回数50万回から500万回、配布数10万本から30万本(過去実績より)といった大型サンプリング施策を短期間で実現する。すでに大手飲料メーカーを中心とした複数社での実施が開始されている。

 同社は今後、キャンペーン実施から参加状況の把握、後追いプロモーション、次回施策の案内といった流れを「LINE」内で全て完結させ、消費者の行動把握からOne to Oneコミュニケーションまで、一気通貫での実施が可能な店頭販促特化型ソリューションとして成長させていく。

【関連記事】
「LINEアカウントメディアプラットフォーム」に17媒体が新規参画~参画メディアは計218媒体に
イベントきっかけに友だち獲得 SnSnapとトライバル、LINE活用した新サービスをリリース
「LINE Ads Platform」、アプリDL数1,700万超の「LINEマンガ」へ配信可能に 
カメラのキタムラ、LINEでの注文受付、予約サービスを開始 トランスコスモスが支援
LINE LIVE、インストリーム広告「LIVE Video Ads」を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/10/19 15:45 https://markezine.jp/article/detail/27294

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング