SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ベクトルとW TOKYOが業務提携~東京ガールズコレクション公式メディアの共同運営で女性マーケを支援

 ベクトルはW TOKYOと業務提携を行い、W TOKYOが運営している女性向けエンタメニュースメディア「girlswalker.com(ガールズウォーカー)」の共同運営をスタートした。

 ベクトルは、PR事業のWeb分野で培ってきたSNSを中心とするWebマーケティングや情報拡散における戦略プランニング、効率的なメディア運用手法など、デジタル市場における総合的なコミュニケーション戦略を強みとしている。一方、W TOKYOは「東京ガールズコレクション」の運営から得たノウハウを基に、女性を主軸としたマーケティング領域に精通。女性に特化したコンテンツ制作力も持ち合わせている。

 今回の業務提携では、両社の強みを掛け合わせ、コンテンツ制作から情報拡散までをワンストップで実施する女性マーケティングのソリューションを強化。女性向け商品・サービスへの認知度を向上し、購買行動の促進を実現するサービスを提供する。

 この取り組みの第一弾として、女性向けニュースメディア「girlswalker.com」の共同運営を開始。なお、年内を目途にサイトの大規模リニューアルを行い、ガールズ向け総合情報配信プラットフォームとして発信する予定だ。

【関連記事】
東京ガールズコレクション公認インフルエンサーが実体験からSNS投稿するサービス登場
感情を認識するAIがウェディングドレスを彩る!女子にウケたAI活用【東京ガールズコレクション】
東京ガールズコレクションの企画行うW media、インフルエンサーマーケティング事業を立ち上げ
ベクトル、「新浪」「微博」の日本総代理と戦略パートナー契約を締結
ベクトルとシナラ、通信キャリアのデータ活用した動画領域の新ソリューションを開発へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/10/20 15:30 https://markezine.jp/article/detail/27302

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング