SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第66号(2021年6月号)
特集「SNSプラットフォーム徹底解剖」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

動画コンテンツを視聴するデバイス、ついに「スマホがテレビを超える」【ジャストシステム調査】

 ジャストシステムは、同社が提供するネットリサーチサービス「Fastask」を利用し、「動画&動画広告 月次定点調査(2017年9月度)」を実施した。

 テレビ番組を含む動画コンテンツを視聴した際に最も長時間使用したデバイスを質問したところ、回答が一番多かったのはスマートフォン(29.8%)、次いでPC(28.5%)だった。テレビは28.1%で、3位という結果となった。

 また1週間に1日以上動画コンテンツを視聴した人に、視聴する動画のジャンルについて聞いたところ、10代では半数以上(54.4%)の人が「娯楽(ゲーム、趣味など)」の動画を見ていることがわかった。加えて、スマートフォンで動画コンテンツを視聴する人の3割が「ポケットWi-Fi」を所有していることも明らかとなった。

 次に360度動画に関する質問では、360度動画を視聴したことがある人は18.3%、視聴したことはないが興味はある人は26.4%、視聴したこともなく興味もない人が13.7%という結果に。360度動画を認知している人は58.4%だった。

【調査概要】
調査名:「動画&動画広告 月次定点調査 (2017年9月度)」
調査期間:2017年9月29日~10月1日
調査対象:15~69歳の男女1,100名

【関連記事】
楽天と講談社がスマホ向けの無料ファッションマガジン『BeViVi』を創刊
ながら視聴は全世代共通/情報を取得する際に最も利用するチャネルは?
テレビCM素材のオンライン運用がスタート~他社に先駆け、資生堂が実施
ニューズピックス、スマホに特化したブランド動画広告の新プラン3つを同時リリース
AbemaTV、「AbemaTV Data Labs」を設立 データ活用した番組制作や広告配信目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング