MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Speeeがインティメート・マージャーと提携 ブランディング広告に有効なターゲティングが可能に

2017/11/06 16:30

 Speeeは、インティメート・マージャーとの提携を実施。両社の連携によるデジタル広告配信でのターゲットリーチ強化のため、Speeeが提供するネイティブ広告配信プラットフォーム「UZOU(ウゾウ)」にて新たなサービスの提供を開始した。

 同サービスでは、約4.7億のオーディエンスデータを所有するインティメート・マージャーのIM-DMPと「UZOU」が連携。これにより広告配信や配信後の詳細な分析において、性別・年齢・エリア・職種などセグメントごとのターゲティングすることができる。

 またこれらのセグメント以外にも、クライアントのニーズに合った複数のキーワードからセグメントを作成することが可能に。たとえば、「結婚・式場・ウェディングドレス」というキーワードに興味を持っている20代女性のセグメントを新たに作成することで、より情報を届けたい層へアプローチすることができる。

 Speeeは、「UZOU」が提携するメディアにてターゲティング配信を実施することで商品・サービスの訴求を図り、ブランディングにつなげていく。

【関連記事】
Speee、マーケティングデータを一元管理できるプラットフォーム「Markeship」リリース
Ruby開発者まつもとゆきひろ氏、元クックパッド技術部長の井原正博氏がSpeee顧問に就任
GDO、ソネット・メディア・ネットワークスのAIを導入 目標上回る新規獲得を実現
凸版印刷、電子チラシのターゲティング広告サービスをリリース~3,000万人の閲覧データを活用
DAC「AudienceOne」、CAの動画アドネットワーク「LODEO」と連携 ターゲティング拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5