MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ビットコインでチキンをゲット!カナダKFCが自社ECで仮想通貨決済を期間限定導入

ビットコインで何かを買う体験は、時代を先取りしている感じがしますよね。ビットコイン決済への取り組みを自社ECから始めた、カナダのKFCの事例をご紹介します。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日に更新です。

キャンペーン概要

 時期:2018年
 国名:カナダ
 企業/ブランド:KFC
 業種:飲食店

ビットコインバケット!?

 近年にわかに活気づいている、仮想通貨市場。中でも代表格であるビットコインの高騰ぶりは、ニュースでも取り上げられるなど話題となりました。

 ビットコインは仮想とはいえ、れっきとした通貨。Amazonなどのギフト券や商品との交換はもちろん、実店舗でも取り扱いも増えてますます便利になってきています。しかしその反面、価格の乱高下や取引所の破たんといった、不安材料があるのも事実。

 そんな仮想通貨に目を付けたのが、カナダのKFC。同社のオンラインストアで、ビットコインを使って支払いをできるサービス『THE BITCOIN BUCKET』を実施することを、SNSで発表しました。

 サイトではバケツ型ボックスに入ったチキンをはじめ、Tシャツやニット帽、ソファなどのオリジナルアイテムを購入することが可能(現在はチキン以外全て売り切れとなっています)。

 チキンの値段は20ドル相当で、ビットコインのリアルタイムのレートが反映されています。購入する場合、1月12日から19日のあいだで好きな日にちと時間を選び、配達してもらえる仕組みです。

 常に変動しているビットコインで、1939年のレシピ完成以来、変わることなく受け継がれてきたKFCのチキンを購入する、という点でも注目の本取り組み。今回は期間限定で行われており、オンラインのみの実施となっていますが、今後仮想通貨を使った同様の取り組みが増えていくかもしれませんね。

先週の紹介キャンペーン

顔写真付きコーデ投稿についた「いいね!」で支払 一気に認知を広げたアパレル企業のグロースハック

 記事転載元:AdGang

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5