MarkeZine(マーケジン)

記事種別

UBERの車窓に映る“人の顔”がメロディーに!グラミー賞開催を祝う、画像認識を駆使したAR施策

街の景色は好きですか? 画像認識を活用して、風景が音になる体験をニューヨーク市民に届けたAR施策を紹介します。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日に更新です。

キャンペーン概要

 時期:2018年
 国名:USA
 企業/ブランド:Recording Academy
 業種:音楽

ニューヨークが奏でる音は

 2003年以来のニューヨークでの開催となった2018年グラミー賞。主催するRecording Academyは、久しぶりのニューヨークでの開催を祝ってユニークなプロモーションを実施しました。

 本取り組みでは、ニューヨーカーや観光客を乗せて街中を走行するUberの自動車を活用。

 車の後部座席の窓ガラスにサイネージで五線譜(楽譜)が描かれているのですが、乗客を乗せて車が走り出すと…車窓に映る“人の顔やゴミ箱などの物体”を読み込んで、リアルタイムで“それら”を音符に変換するとともに、音が生成され、車内にメロディーが流れるというゲリラ企画です。

 仕組みは車に2つのコンピューターを搭載。1つは車窓の景色から“人の顔”など音符になる印象的な形を読み込むという機能。もう1つはその形からふさわしい“音”を生成するというテクノロジーが導入されています。

 乗車している人たちは、ニューヨークの街、そして人が奏でる突然のメロディーにノリノリで楽しんでいたようです。

 テクノロジーを活用して、グラミー賞のニューヨーク開催を印象付けた斬新な取組みでした。

動画はこちら

先週の紹介キャンペーン

LCCに乗ったことを後悔させる!?空港でVRゴーグルを渡して機内で見てもらうKLMの強気キャンペーン

 記事転載元:AdGang

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5