SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天とビックカメラが新会社設立 ECと実店舗の強み活かした「楽天ビック」を提供

 楽天とビックカメラは、家電分野を中心とした、より利便性の高いショッピング体験を提供することを目的に新会社を設立し、2018年4月よりサービスの提供を開始する。両社は、本件に係る基本合意書を12月19日付で締結した。

 家電の購買方法は、これまでの家電量販店で実物を吟味しながら購入する方法だけでなく、ネットで商品情報や価格を比較して効率的に購入する方法が浸透しつつある。そして、「楽天市場」の家電ジャンルも順調に拡大を続けてきた。

 同時に、生活必需品のため迅速な配送に対応して欲しい、大型家電の設置を依頼したい、店頭で実物を確認しながら専門スタッフにメンテナンスや使い方の相談をしたい、といった家電のECならではのニーズも高まっている。こうした背景から、楽天とビックカメラは、両社の強みを活かしたより利便性の高いECサービスを提供すべく、今回の新会社設立に至った。

 新会社は、既存の「ビックカメラ楽天市場店」の基盤を引き継ぎながら「楽天ビック」として「楽天市場」に出店。ビックカメラならではの競争力のある価格と幅広い品揃えに加え、両社で連携のうえ独自商品の開発も検討し、「楽天ビック」やビックカメラグループでの販売を行う。

 また、楽天がこれまで培ったサイト構築のノウハウとビックカメラが有するきめ細やかなサービス力を融合させ、ECでありながらスムーズに設置工事を依頼できるサイトを実現する。

 さらに、配送に関しては、ビックカメラの物流拠点を活用した当日配送を含むサービスの充実だけでなく、物流面における両社の更なる協業も視野に入れ、物流・配送の効率化および付加価値の高いサービス提供を推進していく。

 オンラインとオフラインの連動も強化し、「楽天ビック」のサイト上でビックカメラの実店舗における商品在庫を確認したり、「楽天ビック」で購入した商品をビックカメラの実店舗で受け取ったりできるサービスの提供も目指す。同時に、ビックカメラの実店舗で「楽天スーパーポイントが貯まる・使える」ようにするなど、顧客の利便性や満足度の向上を図る。

【関連記事】
ECの「即時買取サービス」認知度は、6割超 「ZOZOSUIT」は4割が認知【ジャストシステム調査】
オンライン売上前年比約300%を受け、ゲオがECサイト「GEO-MART」をオープン
モバイル上で売れてる商品カテゴリー発表/北東アジアのEC取引、8割がモバイルに【Criteo調査】
見込み客の競合ツール導入状況を把握しリード化 SimilarTechをギャプライズが国内提供へ
ギークス、ゴルフ情報サイト「Gridge」にEC機能を追加~ライブコマース展開も視野に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/12/19 12:30 https://markezine.jp/article/detail/27683

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング