SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TABI LABO、アーキタイプ取締役の樋口理氏が執行役員に就任 メディア運営強化へ

 TABI LABOは、コンサルティング事業を展開するアーキタイプにて取締役を務める樋口理氏が執行役員に就任したことを発表した。同氏はTABI LABOのメディア事業のうち、メディア運営を所管する。

樋口理氏
樋口理氏

 TABI LABOは、ミレニアル世代向けライフスタイルメディア「TABI LABO」創刊当時から、ユーザーにノイズを与えないという方針のもと、ネットワーク広告やバナー広告を掲載せず、スマートフォンユーザーの話題になる世界中の最新トレンドやカルチャーのコンテキスト(文脈)を作り出すメディアの構築を続けてきた。

 その中で、様々な広告主のマーケティング課題と向き合い、TABI LABOが有するコンテキストに広告主企業のブランド・メッセージを重ね、ブランド体験やブランドリフトを生み出すコンテンツを制作・配信してきた。

 また2017年8月には、スマートフォンを軸としたコンテンツ制作やトータルプロモーションの企画、制作から販売までをワンストップで提供するための専門チーム「TABI LABO BRAND STUDIO」を設立。同チームが推進するプロモーション業務の急速な拡大に伴って、その土台となるTABI LABOのコンテンツ制作体制やメディアが持つ影響力を一層強化していくことが急務となっていた。

 一方樋口氏は、日本のインターネットビジネスの創生期よりインフォシークやアットマーク・アイティ(現アイティメディア)をはじめとする企業の創業と運営に携わってきた。さらにアーキタイプのインキュベーションを通じて数多くのスタートアップ企業の創業と成長を支援してくるなど、デジタルメディア企業の経営に豊富な経験と知識を有している。

 今回樋口氏の就任を通じてTABI LABOは、メディアパワーの増強を行う狙いだ。

【関連記事】
TABI LABO、スマホ最適化された地方自治体のWebガイド制作・配信サービスを開始
ソネット・メディア・ネットワークス、顧客の可視化に貢献する「VALIS-Cockpit」の提供を開始
トレンダーズ、メディアフラッグと提携 UGCマーケティングと店頭販促が連動したサービスを提供
サイバー・バズ、インフルエンサーのおすすめ商品が購入できるメディア「to buy」を立ち上げ
antenna*とJ-WAVE、東京メトロ全線でクロスメディア立体プロジェクトの実施へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/01/05 16:00 https://markezine.jp/article/detail/27721

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング