SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トレタ、ビッグデータ・AI関連の研究所設立 慶大教授と共同で飲食業界のデータ活用を支援

 飲食店向け予約および顧客管理サービス「トレタ」を提供するトレタは、飲食領域におけるビッグデータや人工知能(以下、AI)の研究を進めることを目的に「トレタデータサイエンス研究所」を設立した。

 あわせて、飲食業界のマーケティング面でビッグデータやAIの活用を推進するため、慶應義塾大学 経済学部の星野崇宏教授および同研究室(以下、星野研究室)と共同研究を開始した。

 「トレタ」は、2013年のサービス開始から約4年で着実に導入店舗を拡大しており、現在では約10,000店舗が導入。その結果、大規模の予約データや飲食店の購買データなど、飲食領域におけるビッグデータを蓄積している。

 一方、星野研究室では、ビッグデータ分析やAIなどテクノロジーのマーケティング領域での活用を主要テーマに、産学官での研究を推進している。

 今回、両者の共同研究では、予約データを用いた需要予測による店舗行動最適化、キャンセル数予測、位置情報と連携した出店シミュレーションなど多岐にわたる取り組みを行う。取り組みを通じて「飲食ビッグデータ×AI」のテクノロジーを開発し、飲食業界を飛躍的に革新することを目指す。

【関連記事】
グレイプとニッポン放送、アドテクを活用し年末特番企画の発信へ
オムニバス、クレディセゾン保有の実購買データを活用した運用型広告を提供開始
凸版印刷、電子チラシのターゲティング広告サービスをリリース~3,000万人の閲覧データを活用
楽天と電通、「楽天データマーケティング株式会社」を設立 楽天グループのビッグデータを活用
凸版印刷とイオレが提携 「Shufoo!」と「らくらく連絡網」のデータ活用した広告サービスを開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/01/23 14:00 https://markezine.jp/article/detail/27797

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング