SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

東大発の金融ベンチャーがAdobe Analyticsを導入 アプリの利用状況を分析

 アドビ システムズは、Finatextが同社グループの新サービスであるモバイル株取引アプリ「STREAM(ストリーム)」の利用状況の分析に、Adobe Experience Cloudのデータ分析ソリューションであるAdobe Analyticsを採用したことを発表した。

 Finatextは、東大発の金融ベンチャー企業で、2017年3月にスマートプラスを設立し証券業に参入。2月より事前登録ユーザーに対して「STREAM」の提供を開始している。その中で同社は、モバイルアプリの顧客体験のさらなる向上を目指して利用状況の分析を緻密に行いたいと考え、Adobe Analyticsの導入を決定した。

 導入に際しては、Adobe Analyticsのワークスペース機能や柔軟性の高いセグメント機能により詳細な課題分析を実現し、その結果をユーザーニーズに合わせて改善するなど、具体的なアクションにすぐにつなげることができる点が評価されたという。

 またFinatextは、モバイルアプリやWebサイトなどのデザイン、プロトタイピング、共有を一つのツールで実現できるAdobe XDも導入している。Adobe XDとAdobe Analyticsを併用することで、アプリの構造検討から開発、分析、運用にいたる、クリエイティブの領域から改善まで一連のコンテンツの開発を迅速かつ効率的に行うことが可能になった。

 Finatextの経営企画室に所属する高橋充氏は、「広告運用にも活用していきたい」と述べている。

【関連記事】
アドビ、「Adobe Experience Cloud」事業を強化 人材育成と戦略立案で企業を支援
丸井グループ、Adobe Experience ManagerとAdobe Targetを採用
イオン銀行、「Adobe Experience Cloud」を導入 オムニチャネル化の加速へ
ルネサス、アドビのWebコンテンツ管理ソリューションを採用~グローバルサイト構築の課題解決へ
アドビ、電通デジタルと分析製品を開発 マスメディアデータやオフラインの購買データを連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング