MarkeZine(マーケジン)

記事種別

東京五輪を見据え、旅行業界のデータ解析事業を展開するADARAとANAが提携

2018/02/14 13:30

 ADARAは、全日本空輸(以下、ANA)と提携を結んだことを発表した。今後ANAは、ADARAと共に旅行業界のマーケターへ向けて、デジタルマーケティングの手法や各種インサイトデータの提供支援を行う。

 ADARAは、旅行者の行動パターンや傾向、行動に関するデータを提供するグローバルトラベルデータコープだ。収集した旅行者のプロファイルデータを基に、履歴データとリアルタイムデータを分析し、旅行業界のマーケターにインサイトと知識を提供している。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、訪日旅行者数増加施策への注目が高まっている。ADARAデータコープには、既にPeach、バニラエアが参加。今回これに加えANAのデータが活用可能となることで、より明確な旅行者の行動把握が可能になる。

 またANAマーケティング室マーケットコミュニケーション部マネージャーの石川圭太氏は「私たちの目標は、ANAの海外と国内のネットワークを利用する旅行者の旅行経験を最適化させることであり、今回のADARAとの提携を機により一層旅行者のニーズに応じたサービスを提供し日本のインバウンド・アウトバウンドの旅行を拡大させることです」と話している。

【関連記事】
小学館とVOYAGE GROUPが共同出資で会社設立 コンテンツのデータベース化を支援
広告別の詳細なCVデータをレポートに反映!「アドレポ」と「アドエビス」が連携開始
ヤフー、AI×ビッグデータで顧客を支援する実証実験を本格化 日産などに続く参画者を募集
コラボスとジーニーが提携に基本合意 データとMAを掛け合わせたプラットフォームを開発
データプラットフォームを活用したシステム構築へ 日本IBMが「TREASURE CDP」の販売を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5