MarkeZine(マーケジン)

記事種別

エイジアとSENSYが提携 人工知能で最適なメール配信を実現

2018/03/06 08:30

 CRMシステムの提供などを行うエイジアは、人工知能「SENSY」を開発するSENSYと業務提携を行い、双方が開発したソリューションの連携および人工知能を活用したメールマーケティングの共同研究を行うことで合意した。

 エイジアは、メールを中心とした多様なコミュニケーションチャネルを活用したマーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS」シリーズを提供。一方、SENSYは、自然言語処理、画像解析技術などを組み合わせ、ディープラーニング技術でひとりひとりの感性を個別に解析する人工知能「SENSY」を開発している。

 今回の提携では、「SENSY」とエイジアのメールマーケティングシステム「WEBCAS e-mail」を連携し、ユーザー一人ひとりの感性に合わせて最適化したメールの配信を行うソリューションの提供を行う。

 また、人工知能「SENSY」を活用してメールマーケティングの精度を高めるための共同研究・開発も進める。

【関連記事】
「SENSY BOT」、美容・健康食品分野での対話可能に
カラフル・ボード、「SENSY BOT for Biz」をリリース~エイチ・アイ・エスが導入
ミックスネットワーク、エイジア、エスキュービズム、WACULの4社が協業を開始
メールに比べ、CV率約2倍に~ルミネ、エイジア協力のもと、LINEのメッセージをパーソナライズ化
エイジア、「WEBCAS taLk」に自動配信機能を搭載~ユーザー行動をトリガーにLINEで通知

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5