SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トランスコスモス、Amazon向け広告運用のサービス提供体制を強化し専属チームを設立

 トランスコスモスは、「Amazonマーケティングサービス」および「Amazonアドバタイジングプラットフォーム」に対するサービス提供体制の強化を目的に、広告運用の専門スタッフからなる組織「Amazon向けアドマネジメントチーム」を仙台プランニングセンターに設置した。

 AmazonがEC市場で存在感を強める中、商品検討にAmazonを利用するユーザーや、検索エンジンを介さず直接Amazonにて商品情報を検索するユーザーが増加。Amazon内の取扱商品点数の増加により、下位表示の検索結果は、購入率が下がるという課題も顕在化してきた。

 その結果、Amazon内に表示される広告の重要性が増し、今後「Amazonマーケティングサービス(以下、AMS)」および「Amazonアドバタイジングプラットフォーム(以下、AAP)」への出稿が大きなトレンドとなることが予測される。

 これを受けてトランスコスモスは、検索連動型広告/ディスプレイ広告の運用知見がある専門スタッフからなる組織「Amazon向けアドマネジメントチーム」の設置に至った。同組織は、2017年9月に業務拡大により新設した仙台プランニングセンターを中心拠点とし、「AMS」と「AAP」における導入・運用・改善を提供。企業のマーケティング活動を支援する。

【関連記事】
トランスコスモス、顧客との会話ログを活用した広告配信可能に
トランスコスモス、AI×顧客の声で広告訴求を考えるメソッド開発
トランスコスモス「DECAds Connect Edition」、「Amazon Alexa」に対応
Amazon Dash Button、ブランド数が販売開始から3倍に拡大 購入者は平均で2.8個所有
位置情報データを活用したマーケティングを!朝日広告社、流通・小売業向けにサービス展開へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/03/14 15:30 https://markezine.jp/article/detail/28070

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング