MarkeZine(マーケジン)

記事種別

動画活用に新提案、パロニムの触れる動画「TIG」がもたらすエモーショナルな体験とは

2018/05/07 10:00

 次の動画活用の一手として、動画に触れることで情報を届けるインタラクティブ動画「TIG」を、開発・サービス提供するパロニム。同社の代表取締役を務める小林道生氏は、MarkeZine Day 2018 Springにて「インタラクティブ動画「TIG/ティグ」が実現する動画の未来」と題し、検索の必要がない未来の動画活用を提案した。

触れることで動画が持つパワーを活用する「TIG」

 見る動画から、触る・触れる動画へ。新しい動画活用の1つとなりそうなのが、パロニムのインタラクティブ動画サービス「TIG(ティグ)」だ。

 同社の代表取締役の小林道生氏は、かつて放送局向けの動画サービス事業に8年間携わった経験を持ち、動画の力に魅せられてきた人物だ。

パロニム株式会社 代表取締役 小林 道生氏
パロニム株式会社 代表取締役 小林 道生氏

 ドラマで女優が着ている服が飛ぶように売れたり、情報番組で紹介された店が一躍大繁盛になったりと、動画には多くの情報量や視聴者を行動へ促す力がある。

 これを身近に感じていた小林氏は、スマートフォンの登場で動画が今後メインのフォーマットになると確信。実際、デバイス・通信回線の進化に合わせて、手元で動画を見ることが当たり前になった。そして「動画は見るものから触る・触れるという世界に変わるとおもしろいのではないか?」と考え、TIGを企画・開発した。

 また小林氏は、認知から興味を持ち、検索して情報を得るという現在の消費行動プロセスには長いリードタイムが発生してしまうと指摘。さらに、検索結果が本当に求めている情報なのかの判断も難しい。だからこそ、視覚情報から直接情報が得られるスキームが必要だと主張した。

 「動画は、あの場所へ行ってみたい・買いたいなど、見ている人へ様々な感情を呼び起こします。動画が生んだマイクロ・モーメントを熱いうちにアクションへつなげる。TIGであればそれが実現できると考えました」(小林氏)

違和感のない動きが特長の「TIGる」とは?

 では、「TIG」によって生成された動画は、どのようなユーザーエクスペリエンスを生むのだろうか。

 小林氏は2つのデモ動画を紹介しつつ、「動画視聴の邪魔にならないようなユーザーインタフェースにこだわった」と自信を見せた。

 最初のデモは、アパレル業界での活用を対象とした内容。複数人のモデルが、ランウェイを歩き回る動画だ。

 小林氏が手元のスマートフォンでモデルが着ている服をタップすると、まるいアイコンが表示された。この一連の動作を、パロニムでは「TIGる」と名付けている。

 さらにアイコンに触れたまま、指を右にスライドさせると、ストックエリアと呼ばれる右カラムにアイコンが納められていく。この動作は、アイコンの長押しでも可能とのことだ。

 この間も動画は再生中だが、ストックエリアのアイコンをタップすると止まり、各対象物の情報ページへとリンクする。そして再び画面に戻ると、再生は再開される。以上がTIG動画で行えるアクションとなっている。

 ビジュアルでどの対象物に触れられるかが一目でわかり、動画に溶け込んでいるため違和感がない。

 「再生と停止の流れをスムーズに行えるUIにしたことで、ストーリーの流れを止めることなく動画に触れるという動作を実現しました。触れる人が気持ちよく体験、操作できるユーザーエクスペリエンス(UX)を重視し、開発しています」(小林氏)

 また、あらかじめ触れる対象物にタグを表示しておくことも可能だ。そのサンプルとして紹介されたインテリア業界を想定したデモ動画では、対象物が動画内のどこへ移動しても、タグが追従していく様子が紹介された。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5