MarkeZine(マーケジン)

記事種別

メタップス、Preferredなどの気鋭の経営者たちが注目する「分散型思考」と信用構造の変化

2018/04/27 14:00

 昨今「分散型」というキーワードを耳にする機会が増えた。従来からある中央集権型思考とは真逆の価値観が世の中に広がりつつあり、社会のリゾーム化もこの流れと地続きだ。本稿では自律分散型モデルの象徴であるビットコインを代表とした仮想通貨の登場に触れつつ、信用構造の変化について述べている。一見マーケティングに関係ない話に聞こえるかもしれない。しかしこの変化は社会全体の変化であり、まさにメディア/マーケティング領域にも広がりつつあるのだ。

分散型の時代が訪れている

 いま、時代は分散型だ。私はそう感じている。それを明確に意識する破壊的な企業がある。メタップスと Preferred Networks だ。

 メタップスの佐藤航陽氏著『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』(幻冬舎 2017年)によると、テクノロジーの変化は点ではなく線で捉えることが重要で、流行りのバズワードを追っかけていても何も見えてこない。

 ビッグデータやIoT、AI、ブロックチェーン、AR/VRなどの最新テクノロジーは、社会システムに対してそれぞれどのような変化を引き起こすのか? 点と点をつないで線にして、大きな変化の流れを一つの「現象」として理解すべきだ。佐藤氏は、次のように書いている。

「では、お金や経済の世界において最もインパクトのある現象、大きな変化の流れとは何でしょうか?(中略)これから10年という単位で考えれば、それは『分散化』です。」(『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』 )

 一方で、Preferred Networks の西川徹氏は「エッジヘビーコンピューティング」というモデルを提唱する。現在のクラウドコンピューティングでは、AmazonのAWSのように、データを1箇所に集めて処理するのが主流だが、このやり方は遅かれ早かれ破綻する、と西川氏は考えている。

 これから、IoTによって膨大なデータが生成され、リアルタイムでの処理が要求される。それをネットワークでクラウドにアップしていちいち処理するのでは間に合わない。

 「そこで、私たちは、『エッジヘビーコンピューティング』という、クラウド・ネットワークデバイス・エッジデバイスが分散協調的にデータ処理を行うための新しいコンピューティングを提唱」している、と西川氏は語る(参考)。

 Preferred Networks の西川徹氏は「分散協調的」という言葉を使う。彼もまた、「分散」に注目している。いま、「分散」を意識した二人の経営者が、時代を先取りする。「時代は分散型なのだ」と私が感じる理由の一つだ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5