SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

リゾームマーケティングの時代

メタップス、Preferredなどの気鋭の経営者たちが注目する「分散型思考」と信用構造の変化

 昨今「分散型」というキーワードを耳にする機会が増えた。従来からある中央集権型思考とは真逆の価値観が世の中に広がりつつあり、社会のリゾーム化もこの流れと地続きだ。本稿では自律分散型モデルの象徴であるビットコインを代表とした仮想通貨の登場に触れつつ、信用構造の変化について述べている。一見マーケティングに関係ない話に聞こえるかもしれない。しかしこの変化は社会全体の変化であり、まさにメディア/マーケティング領域にも広がりつつあるのだ。

分散型の時代が訪れている

 いま、時代は分散型だ。私はそう感じている。それを明確に意識する破壊的な企業がある。メタップスと Preferred Networks だ。

 メタップスの佐藤航陽氏著『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』(幻冬舎 2017年)によると、テクノロジーの変化は点ではなく線で捉えることが重要で、流行りのバズワードを追っかけていても何も見えてこない。

 ビッグデータやIoT、AI、ブロックチェーン、AR/VRなどの最新テクノロジーは、社会システムに対してそれぞれどのような変化を引き起こすのか? 点と点をつないで線にして、大きな変化の流れを一つの「現象」として理解すべきだ。佐藤氏は、次のように書いている。

「では、お金や経済の世界において最もインパクトのある現象、大きな変化の流れとは何でしょうか?(中略)これから10年という単位で考えれば、それは『分散化』です。」(『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』 )

 一方で、Preferred Networks の西川徹氏は「エッジヘビーコンピューティング」というモデルを提唱する。現在のクラウドコンピューティングでは、AmazonのAWSのように、データを1箇所に集めて処理するのが主流だが、このやり方は遅かれ早かれ破綻する、と西川氏は考えている。

 これから、IoTによって膨大なデータが生成され、リアルタイムでの処理が要求される。それをネットワークでクラウドにアップしていちいち処理するのでは間に合わない。

 「そこで、私たちは、『エッジヘビーコンピューティング』という、クラウド・ネットワークデバイス・エッジデバイスが分散協調的にデータ処理を行うための新しいコンピューティングを提唱」している、と西川氏は語る(参考)。

 Preferred Networks の西川徹氏は「分散協調的」という言葉を使う。彼もまた、「分散」に注目している。いま、「分散」を意識した二人の経営者が、時代を先取りする。「時代は分散型なのだ」と私が感じる理由の一つだ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
分散型思考とリゾーム化社会が重なる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
リゾームマーケティングの時代連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

有園 雄一(アリゾノ ユウイチ)

日本マイクロソフト株式会社 Regional Vice President Japan, Microsoft Advertising / zonari合同会社 代表執行役社長/アタラ合同会社 フェロー早稲田大学政治経済学部卒。 1995年、学部生時代に執筆した「貨幣の複数性」(卒業論文)が「現代思想」(青土...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/04/27 14:00 https://markezine.jp/article/detail/28279

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング