SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEマンガ、UIを刷新 23時間経つと無料で次話が読める機能「マイ連載」の提供へ

 LINEは、6月7日、同社が提供する電子コミックサービス「LINEマンガ」において、大型リニューアルを実施する。

 「LINEマンガ」は、アプリやLINE上でマンガ作品を楽しめる、スマートフォン向け電子コミックサービスだ。2013年4月のサービス開始以降、250社以上の出版社・レーベルを通じ、25万点以上のマンガを配信してきた。

 今回のリニューアルでは、UIの刷新に加え、新しい機能「マイ連載」をリリースする。「マイ連載」は、23時間に1話ずつ読むことができるチャージ形式で、1話読むと作品ごとにチャージが消費される。23時間後にチャージが回復すると次話を読める仕組みになっており、ユーザーは毎日決まった時間にマンガを読むことができる。なお、チャージの回復前に次話を読むには、マンガコインが必要となる。

 また、作品数も、これまでの約280タイトルから約600タイトルに増加される。

 今後同社は、読書傾向や作品の好みに基づいて作品を薦める「レコメンド機能」の拡充や、キーワードや絵柄で作品を絞り込むことができる「検索機能」の実装を予定している。

【関連記事】
「LINE Ads Platform」、アプリDL数1,700万超の「LINEマンガ」へ配信可能に 
「LINEマンガ」グローバル展開へ、講談社・小学館など4社が合弁会社を設立
LINE、電子コミックサービス「LINEマンガ」スタート~小学館・集英社・講談社など参画
小学館のコミックアプリ「マンガワン」、AppLovinと提携し動画を含むネイティブ広告を配信へ
はてな、週刊少年ジャンプのマンガ投稿サービス「少年ジャンプルーキー」の広告運用・販売を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング