MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通、6月20日深夜に放送されるドラマで広告融合型コンテンツ「アドフュージョンドラマ」を実施

2018/06/05 12:15

 電通は、フジテレビで6月20日(水)の深夜24時30分~25時30分(関東ローカル)に放送されるドラマ「名探偵コジン~突然コマーシャルドラマ~」において、本編にCMを融合させる広告手法「アドフュージョン」を実施する。

 アドフュージョンとは、CMとの融合でメインコンテンツの魅力をアップさせる新しい広告手法のこと。第1弾となる同作は、同社のアドフュージョンチームとフジテレビの制作チームが共同制作したものである。CMが主人公の性格や特徴の一端をのぞかせる役割を果たしたり、事件の謎を解く鍵になったり、まさかの時の重要アイテムになったりする、などの見どころがある。

 CM中でもドラマのストーリーが展開し続け、CM自体がドラマをよりおもしろくする重要な要素となることで、飛ばされないCM、登場が待ち遠しいCMの実現を目指す。今回は、サントリーホールディングス、エクスコムグローバル、LINEが同企画主旨に賛同。カテゴリーの違う各社の商品が、どのように表現されるかに注目が集まる。

 今後同社は、アドフュージョンを「ドラマ×CM」だけでなく、バラエティー、映画、スポーツ、ゲームなど、コンテンツカテゴリーの垣根を超えて活用する手法を検討していく。

【関連記事】
「総合広告電通賞」をNTTドコモが初受賞!第71回「広告電通賞」の入賞作が決まる
電通、テレビ番組・CMとネット広告・DOOHのリアルタイム連動を実現する広告管理システム開発
電通、テレビ・ネットにOOHを統合した広告プランニングと効果検証を可能とするツールを開発
スマホアプリの動画広告は、テレビCMよりも不快?【ジャストシステム調査】
テレビCM出稿額が多いブランドは?第1位は「トリバゴ」【サイカ調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5