SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

GMO TECH、O2Oアプリ作成ツール「GMOアップカプセルPRO」に「ガチャ機能」を追加

 GMO TECHは6月12日、O2O(Online to Offline)アプリ作成プラットフォーム「GMOアップカプセルPRO」において、ユーザー属性別に抽選内容を表示分けできる「ガチャ機能」を追加した。

 これにより、ユーザーに対して、来店・購入以外のアクションでもゲームの要素を盛り込んだインセンティブの付与が可能になった。また、抽選回数や当選確率を自由に設定できるほか、動画の使用といったカスタマイズも可能なため、ユーザー属性ごとに異なる演出を実施し、ロイヤリティの向上やアプリの起動率改善を実現できる。

 今回新たに追加された「ガチャ機能」の特徴は以下の通り。

1. ユーザー属性別の抽選内容の表示分け
 性別や年齢、職業、住んでいるエリアや利用頻度など、ユーザーの属性別にガチャの表示内容(特典内容・抽選回数・当選確率など)を出し分けすることが可能。


2. オリジナル動画
 ガチャ(抽選)の前に表示するコンテンツには、店舗オリジナルの動画を設定することができ る。これにより、店舗の独自性を表現できるほか、時期や内容によって動画を変えることも可能。


3. 抽選回数や当選確率を自由に設定
 1日に実施できる抽選回数や当選確率を自由に設定でき、抽選のパターンも無制限で作成することができる。落選時のアクションも複数パターン設定できる。


4. 最大9つのインセンティブ
 当選インセンティブは、「割引クーポン発行」「スタンプ付与」「ランクアップ」など、1つの抽選に対して、最大9つまで設定することができる。


5. SNSシェアボタンの設置
 ガチャコンテンツ内にSNSシェアボタンを設置することで、FacebookやTwitter、LINEなどで簡単にシェアすることが可能。

【関連記事】
GMOデジタルラボとサイネックス、O2Oプラットフォーム型アプリ 「わが街サーチ」を提供開始
楽天とビームスがコラボ!O2O企画「Rakuten meets BEAMS JAPAN」の開催へ
アイリッジのO2Oソリューション「popinfo」、ユーザー数が8,000万を突破
トランスコスモス、LINEとSalesforce Service Cloudの連携行う製品の提供開始
ファッション提案O2Oサービス「STYLER」がリニューアル コマース機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/06/14 11:45 https://markezine.jp/article/detail/28637

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング