SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCI、アドテクノロジー企業CHEQ AI Technologiesとパートナーシップ契約を締結

 サイバー・コミュニケーションズは、イスラエルのアドテクノロジー企業CHEQ AI Technologies(以下、CHEQ)と、パートナーシップ契約を締結した。これにより同社は、CHEQのアドセーフティサービスの導入サポートを行う。

 近年では国内外でネット広告の透明性や安全性への関心が高まる中、広告掲載先の内容や広告トラフィックの品質を広告主が確認することができるツールやサービスにも注目が集まっている。その中で、CHEQが開発したアドセーフティサービスは、広告掲載に相応しくない掲載先の内容や広告トラフィックを検知するだけでなく、AI技術によってそれらをリアルタイムに無効と判断し、広告配信を未然に制御できるのが特徴だ。

 一方、媒体社側のブランドセーフ問題として、プログラマティック取引の中で不正な広告が媒体社の意図なく配信されてしまうマルウェアなどがある。これに対し、CHEQでは、マルウェアを未然に防ぐマルウェアブロッキング機能などを通じて対応していく予定である。

 CHEQのソリューション導入により、広告主は有効なインプレッションだけを買い付けることで、広告予算の最適な投入が可能に。また媒体社は良質な広告インプレッションをより高い価値で販売することで、広告収益の拡大が可能となる。

 同社は、メディアグロースパートナーとして、市場の健全な発展およびメディアの広告価値を高められるよう取り組んでいく。

【関連記事】
CCI、媒体社向けに「CCI MEDIA DOCK」をリリース サイト改善など5つの支援ツールを統合
CCI、若年層に人気のショートムービーアプリ「Tik Tok」の広告パートナーに
CCI、Local Media Consortiumにて地方放送局へサービスの提供を開始
GMO TECH、スマホ向け広告配信サービスとアフィリエイトサービスにおいてアドフラウド対策を強化
fluct、SSPにMomentumのアドフラウド対策プラグイン「Black Heron」を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/08 14:30 https://markezine.jp/article/detail/28667

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング