MarkeZine(マーケジン)

記事種別

NEC、SMS配信サービスのパートナープログラムを発表 API提供で利活用を促進

2018/06/25 17:45

 NECは6月25日、複数の携帯端末に対して一斉にSMSを配信できるクラウドサービス「NEC SMSプッシュサービス」のパートナープログラムを7月より開始することを発表した。

パートナープログラムのイメージ
パートナープログラムのイメージ

 SMSを送る際に必要となる携帯電話番号は、携帯会社の変更などをしてもあまり変わることがない。そのため近年、メールや電話、郵送よりも高い到達率や開封率が見込める手段として、顧客への連絡、アプリの初回ユーザー登録や決済時の本人認証の用途、またプロモーションやアンケートなど顧客エンゲージメントを高める用途に活用が広がっている。

 そうした中、様々な製品・サービスにSMS配信機能を実装できるオープンなAPIが求められている。

 今回発表されたプログラムでは、パートナーとなる企業が「NEC SMSプッシュサービス」を自社サービスとして販売できるメニューを用意。NECにおける同サービスの活用事例を紹介するとともに、容易に同サービスを組み込めるようAPIを公開し、相互接続性を確認するための検証環境も無償で提供する(※詳細は下記を参照)。

 これにより同社は、パートナー企業との新たなソリューションの創出に取り組み、企業や公共機関へのさらなるSMSの普及を目指したい考えだ。

 【「NEC SMSプッシュサービス」パートナープログラム概要】

1.セールス・マーケティングサポート

 「NEC SMSプッシュサービス」をパートナー企業の自社サービスとして販売できるメニューを用意。また、同サービスのホームページにパートナー企業の情報を掲載し、パートナー企業が提供する製品やサービスの紹介サイトへの送客を促進する。さらに、NECやパートナー企業による活用事例の紹介、各種セールスツールの提供を実施。

2.テクニカルサポート

 パートナー企業が保有するCRMなどの顧客管理系システム、ユーザー認証が必要な各種アプリケーション、IoTにおけるデバイス管理の基盤システムなど各種製品・サービスに「NEC SMSプッシュサービス」を容易に組み込めるようAPIを公開。また、両者の相互接続性を確認するための検証環境の提供やサービス提供前の技術問い合わせを無償で行う。

 その他、同社が検討を進めている「NEC SMSプッシュサービス」へのSMS本文暗号化ツールの適用や多言語音声翻訳サービスとの連携に関する取り組みを紹介する。

【関連記事】
インテージ、「INTAGE connect」経由で新たにネットリサーチデータの提供を開始
NECとマクロミルが協業 AIを活用したマーケティングソリューションの共同開発へ
社内外のビッグデータを地図上で NECネッツエスアイ、地理情報統合表示ソフトウェアの販売を開始
Drawbridge、Supershipへ「Connected Consumer Graph」を提供
トランスコスモス「DECAds Connect Edition」、「Amazon Alexa」に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5