MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アンダーワークス、EnsightenのGDPR対応ソリューションの提供・導入支援を開始

2018/06/27 14:45

 アンダーワークスは、GDPR対応に向けたプライバシーデータ管理ソリューションを提供するEnsightenとの業務提携を実施。日本市場における総販売代理店として、EnsightenのGDPRソリューションの販売・活用支援を開始した。

 欧州では、2018年5月25日にGDPRの正式な施行が行われ、Cookieデータ利用時の顧客の同意獲得や、同意に基づくデータ管理(コンセントマネジメント)が必要不可欠となっている。

 一方、企業のWebサイトにはCookieを利用するマーケティングツールが多く使われており、Javascriptを通じて多くのCookieが利用されている。しかし、こうしたデータの一元的な管理には労力がともなう。特に、顧客がWebサイト上でCookieの利用を同意する前にCookie利用を停止する「ゼロクッキーロード」の実現や、顧客が拒否したCookieを利用せずにWebサイトのブラウジングを継続させる仕組みを手作業で行うことは難しくなっている。

 さらに、Piggybacking(ピギーバッキング)という手法で、マーケティング担当者が知らないベンダーに対して秘密裏にCookieデータが流出しているケースなども多く存在し、Cookieレベルでの個人情報の漏洩は大きな問題となりつつある。

 EnsightenのGDPRソリューションは、こうした課題を解決すべく、Webサイト上でのあらゆるCookieのゲートキーパーとして、「顧客が同意する前のCookieの読み込み防止(ゼロクッキーロード)」「顧客が拒否したCookieを利用せずにWebサイト閲覧を継続できる環境を顧客に提供」「ホワイトリストを使って、4thPartyベンダータグ経由のCookieデータの漏洩防止」を可能にするものだ。

 同社は、日本企業のGDPR対応、特にコンセントマネジメントを支援し、より安全でコンプライアンスに準拠したデジタルマーケティングの普及に注力していく。また同時に、Webサイト上Javascriptタグを経由して収集されるCookieデータを可視化するアセスメントサービス「タグアセスメント」の提供も開始し、GDPR対応への取り組み支援を加速させる。

【関連記事】
フルスピードのDSPがスマホ動画アドネットワークと連携 ブランドセーフティー重視の動画広告配信へ
日本におけるアドフラウド、ブランドセーフティ、ビューアビリティの現状が明らかに【実態調査レポート】
博報堂DYMP、博報堂DYデジタル、DACの3社、広告の透明性、品質高めるサービスの提供開始
スマホ利用者、20代の個人情報公開率は6割超
6割の人が「報酬と引き換えに個人情報を提供してもいい」【IBM調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5