SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Appier、アプリ事業者向けに「リエンゲージメント機能」を提供 離脱防止や休眠ユーザーの活性化促進

 Appierは6月27日、ゲームアプリやECなどのモバイルアプリ事業者向けに「リエンゲージメント機能」の提供を開始した。

 モバイルアプリ業界ではこれまで、新規顧客の獲得やインストール促進のためのマーケティング施策が中心に行われてきた。しかし、市場の拡大にともない、アプリ事業者の課題はユーザー数の拡大から、離脱防止や休眠アカウントの活性化、アプリ内課金の促進といったリエンゲージメントへと変化している。

 今回提供開始となった「リエンゲージメント機能」では、AIが広告主のリエンゲージメントターゲットリストのデータを分析・学習することで、ターゲット顧客リストを自動的に生成し、アップデートや広告配信を実施。

 これにより、従来の「休眠7日目」といった日数や課金総額、アプリ内でのコミュニティ活動履歴といった変数に限らず、人間では見つけることのできないエンゲージメントポイントを発見し、高精度なオーディエンスセグメンテーションをすることが可能になった。

 アプリ事業者は、対象となるユーザー一人ひとりに適した情報を、適切なタイミング、デバイスに表示できるため、通常のテキスト広告やバナー広告と比較し、より高いクリック率やコンバージョン率が期待できる。

【関連記事】
Appier、ビューアビリティとブランドセーフティを検証するツールとAPI連携を開始
LTVが高いユーザーを自動抽出 Appier、「CrossX ターゲティング」機能を強化
トレジャーデータの「TREASURE CDP」、Appierの「AIXON」と連携開始
CV数、多い時間帯は?/クロスデバイス広告のCV率、シングルデバイスの約2倍に【Appier調査】
Appier、AIでオーディエンス分析・予測するプラットフォーム「AIXON」を日本で提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/06/28 08:00 https://markezine.jp/article/detail/28741

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング