SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天、トヨタの外部ECサイト「TOYOTA楽天市場店」を開設 ビッグデータ活用で効果的な施策を実現

 楽天は6月29日、同社が運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」において、自動車購入検討時における新たな消費体験サービスの提供を開始した。

「TOYOTA楽天市場店」トップページ
「TOYOTA楽天市場店」トップページ

 今回その第1弾として、同社はトヨタの新型車のカタログ請求ができる公認外部ECサイト「TOYOTA楽天市場店」を開設。トヨタのカタログ配送プラットフォームとの連携により、ユーザーはサイトからカタログの請求をすると、該当のカタログを郵送で受け取ることができるようになった。同サイトは「カローラ スポーツ」のカタログから取り扱いを始め、今後ECサイトを起点とした様々な消費体験を提供していく予定だ。

 自動車関連用品なども取りそろえている「楽天市場」には、自動車に関心の高いユーザーや買い替え時期を迎えるユーザーなどが多くアクセスしている。そのため、自動車メーカーはコンバージョンの見込みが高いユーザーに向けて効果的に商品情報を訴求することができる。

 また、楽天グループでマーケティングソリューションを提供する楽天データマーケティングが協働することで、約9,700万の楽天IDや消費行動分析データをはじめとするビッグデータの活用も可能になった。「ファミリー層」や「アウトドア好き」といったユーザー像を推定するなど、よりマーケティング価値の高い施策を実現できる。

【関連記事】
楽天、マーケソリューションを「Rakuten Marketing Platform」ブランドに統一
楽天とビームスがコラボ!O2O企画「Rakuten meets BEAMS JAPAN」の開催へ
楽天、定額制の音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」の提供を開始
楽天、インターネットラジオ配信プラットフォーム 「Rakuten.FM」の提供を開始
楽天、運用資産額1億米ドルのフィンテックファンドの運用を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/07/02 11:45 https://markezine.jp/article/detail/28772

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング