MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソネット・メディア・ネットワークス、旧式ブラウザーへの広告配信を自動回避する技術を開発

2018/07/13 08:00

 ソネット・メディア・ネットワークスは、旧式ブラウザーを介した広告に対して、自動的・効率的に抑制する技術を開発した。

 PCI DSS(※)に準拠しているWebサイトでは、旧式ブラウザーへの対応が終了する流れとなっている。そのため、旧式ブラウザー(PCI DSS準拠ページを表示できないもの)では、広告は表示されるものの、広告をクリックした先のランディングページは表示されない可能性がある。

 旧式ブラウザーへの広告表示は、結果的に無駄な広告配信となるため、旧式ブラウザーへの広告配信自体の停止が望まれている。

 このような背景のなかで、同社は公知技術をはじめとした複数の通信技術を活用し、ランディングページを表示することができないブラウザーへの広告配信を自動で抑制する技術を開発した。

 同技術では、ブラウザーの種類およびバージョンを判別し、その判別の結果を利用して、広告掲載サイトへの広告配信の可否を決定する。これにより、ブラウザーに関する技術的な知識の有無に関わらず、安全・確実に広告を配信することが可能になるほか、無駄な広告配信が回避できるようになった。

※PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard):クレジットカード会員データを安全に取り扱うことを目的として策定された、クレジットカード業界のセキュリティ基準。

【関連記事】
ソネット・メディア・ネットワークス、顧客の可視化に貢献する「VALIS-Cockpit」の提供を開始
GDO、ソネット・メディア・ネットワークスのAIを導入 目標上回る新規獲得を実現
DSP「Logicad」とロックオンの「アドエビス」が連携 ログデータを広告配信に活用
「Logicadダイナミッククリエイティブ」と「MakeShop」が連携 集客効果の向上狙う
ソネット・メディア・ネットワークス、マッシュルームと事業連携 O2Oソリューションを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5