SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エイジア、ヴァル研究所と連携 「駅すぱあと」のユーザーデータを活用したソリューション構築を目指す

 エイジアは、乗り換え案内サービス「駅すぱあと」のユーザー移動予測データをマーケティングに活用することを目的として、ヴァル研究所と業務提携を結んだことを発表した。

 エイジアは、CRMアプリケーションソフト「WEBCAS」シリーズなど、インターネットを活用したマーケティングソリューションを提供している。一方ヴァル研究所は、公共交通機関の乗り換え案内ソフト「駅すぱあと」を提供しており、近年は同ソフトの膨大なデータや機能をAPIとして提供し、企業・団体との共創・コラボレーションに取り組んでいる。

 両社は「駅すぱあと」ユーザーの膨大な検索経路情報から、リアルな行動パターン(移動予測データ)を抽出し、「WEBCAS」上の顧客情報と連携。これにより、顧客の移動路線・乗降駅に合わせたイベントや店舗等への誘導メール/LINE配信や、顧客の移動予測時間に合わせた情報発信および販売促進メール/LINE配信など、“顧客の移動予測データに応じた”マーケティングソリューションの販売促進を進めていく。

【関連記事】
エイジアとSENSYが提携 人工知能で最適なメール配信を実現
ミックスネットワーク、エイジア、エスキュービズム、WACULの4社が協業を開始
移動情報からユーザーのペルソナを推定、「駅すぱあと」新オーディエンスターゲティング広告を開発
移動予測データに基づく新たな位置情報連動広告を「駅すぱあと」が提供開始
ヴァル研究所とナイトレイ、路線図活用した訪日外国人解析サービスを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング