MarkeZine(マーケジン)

記事種別

エイジア、ヴァル研究所と連携 「駅すぱあと」のユーザーデータを活用したソリューション構築を目指す

2018/07/24 15:00

 エイジアは、乗り換え案内サービス「駅すぱあと」のユーザー移動予測データをマーケティングに活用することを目的として、ヴァル研究所と業務提携を結んだことを発表した。

 エイジアは、CRMアプリケーションソフト「WEBCAS」シリーズなど、インターネットを活用したマーケティングソリューションを提供している。一方ヴァル研究所は、公共交通機関の乗り換え案内ソフト「駅すぱあと」を提供しており、近年は同ソフトの膨大なデータや機能をAPIとして提供し、企業・団体との共創・コラボレーションに取り組んでいる。

 両社は「駅すぱあと」ユーザーの膨大な検索経路情報から、リアルな行動パターン(移動予測データ)を抽出し、「WEBCAS」上の顧客情報と連携。これにより、顧客の移動路線・乗降駅に合わせたイベントや店舗等への誘導メール/LINE配信や、顧客の移動予測時間に合わせた情報発信および販売促進メール/LINE配信など、“顧客の移動予測データに応じた”マーケティングソリューションの販売促進を進めていく。

【関連記事】
エイジアとSENSYが提携 人工知能で最適なメール配信を実現
ミックスネットワーク、エイジア、エスキュービズム、WACULの4社が協業を開始
移動情報からユーザーのペルソナを推定、「駅すぱあと」新オーディエンスターゲティング広告を開発
移動予測データに基づく新たな位置情報連動広告を「駅すぱあと」が提供開始
ヴァル研究所とナイトレイ、路線図活用した訪日外国人解析サービスを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5