MarkeZine(マーケジン)

記事種別

GLADD、フラッシュセールサイトに「KARTE」を導入 セール期間内の買い忘れ解消へ

2018/07/25 17:30

 GLADDは7月25日、プレイドが提供するCXプラットフォーム「KARTE」を導入した。

 「KARTE」は、Webサイトやアプリを利用するユーザーの行動をリアルタイムに解析・可視化し、一人ひとりに合わせた最適なコミュニケーションをワンストップで実現するサービス。拡張性に優れ、既存サービスとの連携にも柔軟に対応できるのが特徴だ。

 GLADDはフラッシュセールサイトを運営する企業で、ブランドの期間限定セールを毎日開催している。同サイトには、ユーザーが限られた販売期間中にすべての商品を閲覧することが困難であったり、買い忘れてセールが終了してしまうといった課題があった。

 今回の「KARTE」導入によりGLADDは、新規会員や購入履歴のない会員だけを抽出し、サイトの使用法や検索機能についてのナビゲーションを出すことで、ユーザーのスムーズな購買体験を実現。

 また、既存顧客に対しては、過去の購入履歴などから一人ひとり嗜好に合った新しいブランドや商品を提案するなど、より実店舗に近いきめ細かな接客が可能になった。

【関連記事】
「@type」のアプリと「KARTE for App」が連携 ユーザーごとに適した求人の提案が可能に
「KARTE for App」と「AppsFlyer」がデータ連携へ 広告接触データの活用が可能に
「KARTE」と「Adjust」が連携開始 流入経路ごとに広告配信の形態をパーソナライズ
「KARTE」が「STAFF START」と連携 販売員を軸に店舗とECのオムニチャネル化を推進
プレイドが総額約27億円の資金調達を実施 「KARTE」におけるアプリ領域への事業拡大などが目的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5