SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

GLADD、フラッシュセールサイトに「KARTE」を導入 セール期間内の買い忘れ解消へ

 GLADDは7月25日、プレイドが提供するCXプラットフォーム「KARTE」を導入した。

 「KARTE」は、Webサイトやアプリを利用するユーザーの行動をリアルタイムに解析・可視化し、一人ひとりに合わせた最適なコミュニケーションをワンストップで実現するサービス。拡張性に優れ、既存サービスとの連携にも柔軟に対応できるのが特徴だ。

 GLADDはフラッシュセールサイトを運営する企業で、ブランドの期間限定セールを毎日開催している。同サイトには、ユーザーが限られた販売期間中にすべての商品を閲覧することが困難であったり、買い忘れてセールが終了してしまうといった課題があった。

 今回の「KARTE」導入によりGLADDは、新規会員や購入履歴のない会員だけを抽出し、サイトの使用法や検索機能についてのナビゲーションを出すことで、ユーザーのスムーズな購買体験を実現。

 また、既存顧客に対しては、過去の購入履歴などから一人ひとり嗜好に合った新しいブランドや商品を提案するなど、より実店舗に近いきめ細かな接客が可能になった。

【関連記事】
「@type」のアプリと「KARTE for App」が連携 ユーザーごとに適した求人の提案が可能に
「KARTE for App」と「AppsFlyer」がデータ連携へ 広告接触データの活用が可能に
「KARTE」と「Adjust」が連携開始 流入経路ごとに広告配信の形態をパーソナライズ
「KARTE」が「STAFF START」と連携 販売員を軸に店舗とECのオムニチャネル化を推進
プレイドが総額約27億円の資金調達を実施 「KARTE」におけるアプリ領域への事業拡大などが目的

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング