SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

イスラエルのCHEQ AI Technologies、日本法人の責任者に犬塚洋二氏を招聘

 CHEQ AI Technologiesは8月7日、日本法人カントリーマネージャーに犬塚洋二氏が就任したことを発表した。

 CHEQ AI Technologiesは、2018年5月に日本法人を設立したイスラエルの企業。広告主がネット広告を安心して活用できる環境を実現するため、「ブランドセーフティの確保」「アドフラウド回避」「ビューアビリティの確保」を柱に、超高速情報処理技術やNLP技術を駆使した「リアルタイム・アドセーフティプラットフォーム」を提供している。

 同プラットフォームでは、広告配信ページの安全性を700以上のパラメーターで分析。不適切だと判断されたインプレッションへの広告配信は購買直前に停止される。不適切な広告を事後に検知するこれまでの対応と違い、不適切な広告を事前に回避することが可能だ。

 今回同社の日本法人カントリーマネージャーに就任した犬塚洋二氏は、過去にグラムメディア・ジャパンでアドバタイジングセールス・ディレクターとして従事した経験を持っている。

【関連記事】
GMO TECH、スマホ向け広告配信サービスとアフィリエイトサービスにおいてアドフラウド対策を強化
fluct、SSPにMomentumのアドフラウド対策プラグイン「Black Heron」を導入
マーベリック、アドフラウド対策ツールを提供するイスラエルのProtected Mediaと連携開始
「MarketOne」がIASと連携 全広告キャンペーンのアドフラウド排除をスタート
モメンタム、国内巨大漫画ストリーミングサイトでのアドフラウド「ドメインスプーフィング」を検知

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/07 15:15 https://markezine.jp/article/detail/29030

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング