SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』データで読み解く

ネット通販における「送料無料」が購入意思決定に与える影響

 ネット通販市場の伸びに対して、運送業界における人手不足が深刻な社会問題として表面化してきており、人々の物流に対する意識が変わりつつある。一方で、大手通販サイトのAmazonでは、年会費を支払ってのプライム会員になれば都度のショッピングでの送料が無料になるような特典を打ち出し、他にもヨドバシカメラでは独自の物流網を構築し「全国送料無料」を打ち出している。送料を無料にすることは、値ごろ感や安心感を顧客に与え、そして多くの顧客を自社サイトへ誘引するための引き金となっていることは想像できるが、ネット通販の利用者は送料が無料であることをどれだけ重視しているのだろうか。また、送料が有料になったとき、果たしてその商品の購入に影響はあるのだろうか。過去1年以内にネット通販を利用した人を対象に調査を行った。

※本記事は、2018年8月25日刊行の定期誌『MarkeZine』32号に掲載したものです。

ネット通販利用者の7割がMAU

 ネット通販利用者(過去1年以内に利用経験がある人)に、購入頻度を聞いた。「週1回以上」は約16%、そして「週1回未満〜月1回」は52%であることから、ネット通販利用者の約7割がMAU(Monthly Active User)といえよう(図表1)。

図表1 ネット通販の利用頻度(単一回答)ベース:過去1年以内ネット通販利用者(n=1,000)
図表1 ネット通販の利用頻度(単一回答)
ベース:過去1年以内ネット通販利用者(n=1,000)

 そして、利用頻度別にネット通販の購買特性を見ると、利用頻度が高い人ほど、より安く購入できるサイトを探索する行動や、お気に入りへの登録、送料が無料になるように購入金額を調整する、といった比率が高まっていることがわかる(図表2)。

図表2 ネット通販の利用頻度別にみた購買特性(複数回答)ベース:過去1年以内ネット通販利用者
図表2 ネット通販の利用頻度別にみた購買特性(複数回答)
ベース:過去1年以内ネット通販利用者
▼調査レポート
『ネット通販の利用状況を調査!送料はいくらまで許せる?』(HoNote)
この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
「送料無料」が与える影響

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
定期誌『MarkeZine』データで読み解く連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

マクロミル(マクロミル)

高品質・スピーディな市場調査を提供する、マーケティングリサーチのリーディングカンパニー。生活者のインサイト把握やデジタルマーケティング施策の広告効果測定など、マーケティング課題解決に向け最適なソリューションを提供。世界21カ国、50の拠点を展開し、唯一無二のグローバル・デジタル・リサーチ・カンパニーを目指す...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング