SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

MAツール「SATORI」、シナリオ機能をアップデート!条件に応じた自動停止機能などを追加

 SATORIは8月16日、同社のマーケティングオートメーションツール「SATORI」における「シナリオ」機能をアップデートした。

新しくなった「シナリオ」機能画面のイメージ
新しくなった「シナリオ」機能画面のイメージ

 同機能は、オンラインとオフラインの各種データを統合して管理・利用することで、企業のマーケティング担当者が行う煩雑な作業を自動化する。設定画面はよりグラフィカルなものとなり、以前に比べ使いやすくなった。

 今回のアップデートでは、条件分岐機能や日付・停止トリガーによる自動停止機能、トリガーに複数の条件を指定できる発火機能などが追加。これにより、シナリオによる自動メール送信を活用したアプローチにおいて、「商談中または契約済みの顧客に対してメールを送信しない」「イベント申し込み用のシナリオに有効期限を設け、それ以降は発火させない」といった設定が可能になった。

 その他、キャンペーン管理機能との連動により、キャンペーンターゲットを自動で追加し、シナリオ実施効果を容易にレポーティングできる機能が実装された。

【関連記事】
「SYNALIO」がMAツール「SATORI」と連携 ユーザーごとにチャットボットの出し分けが可能に
マーケティングオートメーションツール「SATORI」、 A/Bテスト可能にする機能追加
マーケティングオートメーションツール「SATORI」、IT補助金の対象に
MAツール「SATORI」、Webプッシュ通知ツール「pushcrew」と連携
MAツール「SATORI」、 サイボウズのkintoneと連携 中小企業の顧客開拓を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/20 18:00 https://markezine.jp/article/detail/29076

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング