SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日経リサーチ、ジョブ理論に適した分析手法「SegmentDiscovery」を開発

 日経リサーチは、「ジョブ理論」の分析に適した独自の分析手法「SegmentDiscovery(セグメントディスカバリー)」を開発し、サービスの提供を開始した。

 ジョブ理論とは、ハーバード・ビジネススクールのクレイトン・クリステンセン教授が発表した理論で、ヒトがものを買う理由を「あなたはどんなジョブ(用事・仕事)を片付けたくて、そのプロダクトを“雇用”するのか?」という視点に基づいて解き明かそうとする考え方のこと。

 SegmentDiscoveryでは、データマイニングとテキストマイニングを統合することにより、より深い気付きが得ることができる。まず、深く知りたいターゲットを設定し、(1)調査結果からそのターゲットが多く存在するパターンを発見し、(2)同一パターンのターゲットがアンケートの自由回答に記述している「共通のキーワード」を見つけ出す、という2段階で分析する。

SegmentDiscoveryの分析イメージ
SegmentDiscoveryの分析イメージ

【関連記事】
日経リサーチとABEJAが業務提携 AIを活用したソリューションサービスの創出・提供へ
マクロミルと日経リサーチが業務提携、ネットリサーチのパネル利用などで連携
ブランド力、日本MSが首位に返り咲き/LINE躍進【日経リサーチ ブランド戦略サーベイ2014】
日経リサーチ、顧客情報戦略の新サービス「ミルフィーユ」リリース
花王のブランド力が急上昇/電気・機械・自動車メーカーのブランド力回復傾向に【ブランド戦略サーベイ2013】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/23 12:00 https://markezine.jp/article/detail/29104

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング