MarkeZine(マーケジン)

記事種別

セブン&アイHD、トランスコスモスの対話型AIエンジンを「オムニ7」に導入 話し言葉にも柔軟に対応

2018/08/29 11:00

 セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイ)は8月29日、ネットショッピングサイト「オムニ7」において、AIによるユーザーからの問い合わせ対応を開始した。

 同社は今回、ユーザーのライフスタイルの変化に合わせてさらに利便性を高めることを目的に、トランスコスモスが提供する自動応答エンジン「BEDORE(ベドア)」を採用した。

 「BEDORE」は、高度な対話性能を持った対話型チャットエンジン。高い日本語認識能力から、ユーザーの「話し言葉」を理解し、最もふさわしい回答を送ることができる。フリーワードや文章のみならず、話し言葉などの言葉のゆれにも対応しているため、ユーザーはストレスなく、最短で正確な回答を得られるようになった。

【関連記事】
ロボット応対で新規入会者が前年比7.2%増加!トランスコスモス、ロボ活用のサービスを小田急に提供
トランスコスモス、コンタクトセンターにおける応対品質の自動判定AIを開発
トランスコスモス、「Gotcha!mall」LINE公式アカウントとのコラボ広告を販売
セブン&アイHD、複数企業間のデータを活用するため「セブン&アイ・データラボ」を設立
セブン&アイ・ホールディングス、オムニチャネル戦略推進のためSalesforce製品を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5