SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インテージとインテージテクノスフィア、商品分野を超えてデータをまとめる「統合商品マスター」構築開始

 インテージとインテージテクノスフィアは、商品に関連する様々な付帯情報を、統一基準・フォーマットのもとで整備する「統合商品マスター」の構築を開始した。

 現在、商品マスターは、商品分野ごとの用途に応じて個別の事業者により構築されており、分類や属性情報として含まれる項目やフォーマットが統一されていない。そのため、従来の商品分野を超えてデータを横串でまとめることが困難な状態である。

 マーケティングデータを構築・提供してきたインテージと、マーケティング分析のための情報整備のノウハウを持つインテージテクノスフィアは、こうした課題を解決するため、主要な商品マスター事業者と連携。横断的に利用できる統合商品マスターの構築を進めていく。

「統合商品マスター」構築イメージ
「統合商品マスター」構築イメージ

 両社は、商品の購買・利用データといったビッグデータを取り扱う事業者に、様々な商品分野や属性情報の項目をカバーした統合商品マスターをワンストップで提供することにより、データ利活用の促進を目指していく。

【関連記事】
テレビCMの出稿情報を一覧化し効果測定 エム・データ、インテージと「全国CMマスタ」を開発
「CM飛ばし」の実態は?インテージ、スマートTVログを用いて視聴態度を調査
インテージテクノスフィア、SNSデータ活用の支援事業立ち上げに向け、NetBase Japanと連携
インテージ、「INTAGE connect」経由で新たにネットリサーチデータの提供を開始
ロックオン、インテージと協業でアドエビスの新サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/30 18:26 https://markezine.jp/article/detail/29154

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング