MarkeZine(マーケジン)

記事種別

インテージとインテージテクノスフィア、商品分野を超えてデータをまとめる「統合商品マスター」構築開始

2018/08/30 16:15

 インテージとインテージテクノスフィアは、商品に関連する様々な付帯情報を、統一基準・フォーマットのもとで整備する「統合商品マスター」の構築を開始した。

 現在、商品マスターは、商品分野ごとの用途に応じて個別の事業者により構築されており、分類や属性情報として含まれる項目やフォーマットが統一されていない。そのため、従来の商品分野を超えてデータを横串でまとめることが困難な状態である。

 マーケティングデータを構築・提供してきたインテージと、マーケティング分析のための情報整備のノウハウを持つインテージテクノスフィアは、こうした課題を解決するため、主要な商品マスター事業者と連携。横断的に利用できる統合商品マスターの構築を進めていく。

「統合商品マスター」構築イメージ
「統合商品マスター」構築イメージ

 両社は、商品の購買・利用データといったビッグデータを取り扱う事業者に、様々な商品分野や属性情報の項目をカバーした統合商品マスターをワンストップで提供することにより、データ利活用の促進を目指していく。

【関連記事】
テレビCMの出稿情報を一覧化し効果測定 エム・データ、インテージと「全国CMマスタ」を開発
「CM飛ばし」の実態は?インテージ、スマートTVログを用いて視聴態度を調査
インテージテクノスフィア、SNSデータ活用の支援事業立ち上げに向け、NetBase Japanと連携
インテージ、「INTAGE connect」経由で新たにネットリサーチデータの提供を開始
ロックオン、インテージと協業でアドエビスの新サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5