MarkeZine(マーケジン)

記事種別

note、記事内にECサイトの商品情報の表示が可能に 第一弾として5つのECプラットフォームと提携

2018/09/12 13:15

 ピースオブケイクは9月10日、メディアプラットフォームのnoteにおいて、ECの商品を表示できる機能「note for shopping」の提供を開始した。

 同社は今回の機能追加にともない、初期パートナーとして、ECプラットフォームの「カラーミーショップ」「SUZURI」「STORES.jp」「BASE」「minne」と提携。

 同機能では、提携したECプラットフォームの商品URLをnoteの記事内に貼り付けると、店舗名や価格などの情報が商品カードとして表示される。

 これによりショップオーナーやクリエイターは、効果的に商品を紹介し、販売に役立てることができる。クリエイター自身が商品開発の背景などを記事内で表現することで、ファンの獲得や商品理解の促進が期待できる。

【関連記事】
「note」等へ記事を自動配信!スマートニュース、「パブリケーション・ネットワーク」を開始
ピースオブケイク「note」、リリースから1か月で2,000万PV/100万UU達成
ピースオブケイク、個人向けメディアサービス「note」リリース、CtoCでコンテンツ売買も可能に
ピースオブケイク、第三者割当増資実施で3億円を調達
フルスピード、フィードフォースとEC事業者のInstagram「ショッピング機能」活用を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5