MarkeZine(マーケジン)

記事種別

イマドキ女子とのコミュニケーションのヒント

2018/09/25 14:45

「イマドキの若者の気持ちがわからない……」このような悩みを抱えているマーケターも少なくない。本稿では、若者の中でもより流行や時代の空気への感度が高い15~24歳の若年女性「イマドキ女子」に着目。どうしたら若者にメッセージを届けられるのか、データからヒントを読み解く。

※本記事は、2018年9月25日刊行の定期誌『MarkeZine』33号に掲載したものです。

イマドキ女子のスマホ利用のリアル

 「SNSアカウントの複数使い分けは常識。使い分けをしていないのは逆に怪しいと思う。私は4個だけど50個の友達もいる」(女子大生)

 「Instagramでおしゃれなお店の写真をUPすると、友達がメッセージで『行きたいねー』と反応してくる。そのあとは具体的な話はLINEでグループを作って相談する。1つの話の流れでもSNSは使い分ける」(女子高生)

 「5分の動画であれば電車で見る、というか見終わりたい。テンポは重要」(新社会人女子)「Vineの影響で5秒程度の動画に慣れてしまった」(女子高生)

 「SNOWはあんなに流行っていたけどもう使ってない。一周回って今はオーソドックスなアプリしか使わない」(女子大生)

 これらは弊社で若者研究の一環として行った、“イマドキ女子”(女子高生・女子大生・新社会人女子)のスマートフォン利用に関するインタビューの一部である(2017年7月実施)。

 筆者は30代だが、このインタビュー報告を耳にしてカルチャーショックを受け、同様に驚いている同僚たちと大いに盛り上がった。

 弊社では、テレビ、スマートフォン、パソコンの利用実態をi-SSP(インテージシングルソースパネル)で継続的かつログデータ形式で収集している。このi-SSPで各デバイスの1日あたり平均利用時間を確認すると、スマートフォン196分、テレビ131分、パソコン85分とスマートフォンが最も長い(2018年6月)。60代だけはテレビの利用時間が一番長いものの、それ以外の年代はスマートフォンの利用が一番長く、年代問わずスマートフォンが身近なものとなっていることが確認できる。

 しかし、利用の中身となるとやはりスマホネイティブ(スマートフォンが普及している環境で生まれ育った世代)はひと味違うということがうかがえるインタビューだった。

▶調査レポート
「イマドキ女子のリアルをスマホ事情から探るーライフログデータが示す、メディアの未来#3」(Intage 知る gallery)


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5