MarkeZine(マーケジン)

記事種別

メガネ型カメラで脳活動を可視化!東北大学がNeU、NSDと共同でニューロマーケティングサービスを開発

2018/09/26 10:45

 東北大学と日立ハイテクノロジーズのジョイントベンチャーであるNeUとNSDは、メガネ型カメラによる物体認識と脳活動を同時に記録するシステム「NeU-VIS」を新たなニューロマーケティングサービスとして開発した。

 NeU-VISは、メガネ型カメラ、脳活動計測装置、スマートフォン専用のアプリケーションから構成される。スマートフォンでは、メガネ型カメラからUSB経由で送られた動画データを処理して、ユーザーが見ているものをほぼリアルタイムに言語情報に変換する。また同時に、脳活動データをアプリケーション上で解析。脳活動の高低と、言語化された視認情報は一度にスマートフォンの画面上に表示され、解析されたデータはスマートフォン上に格納される。

物体認識と脳活動を同時にリアルタイム計測
物体認識と脳活動を同時にリアルタイム計測

  これにより、従来カメラで撮影された画像情報を言語化するためにプレイバックして確認する手間と時間が大幅にセーブされるとともに、その際の脳活動がどうであったかが、計測の時点からわかる。

 店舗のデザインや、店舗内の棚、各種ショールーム、またクルマなどのデザイン評価、ユーザーインターフェースのデザイン評価など、従来はアンケートなどの主観評価による調査が一般的なものを、より直感的なユーザー反応として調査することが可能だ。サービスは10月中旬より提供開始予定となっている。

ユーザーの興味関心を計測
ユーザーの興味関心を計測

【関連記事】
脳波で感情を可視化!ドゥ・ハウスが電通サイエンスジャム、TVCと「ニューロマーケティング」をリリース
脳波などから動画の広告効果を可視化!マクロミル、子会社と共同で独自の測定指標開発に着手
脳波等の“センシングデータ”を動画マーケティングに活用!ジーニーら4社、「気持センシングラボ」を発足
マクロミル、生体情報を活用したリサーチ事業立ち上げへ~センタンと提携
NTT・慶大ら、脳波分析で家電操作を実現する「ネットワーク型ブレイン・マシン・インタフェース」開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5