MarkeZine(マーケジン)

記事種別

レポート作成工数を月6,000時間削減!CA、API未提供メディアの実績データ自動収集システムを開発

2018/10/11 15:30

 サイバーエージェントは、ネット広告事業において、RPA(Robotic Process Automation)を活用したAPI未提供メディアの実績データ自動収集システムを開発した。

 これまでAPI未提供のメディアの広告運用では、運用管理画面から実績データを一度ダウンロードし、広告主企業へ提出するレポートフォーマットに合わせて情報整理を行う必要があった。このため情報整理の際に、レポート作成のための人的リソースの確保や、対応メディア数の増加に伴う人的操作によるエラー発生のケア、レポートを提供するまでに長いリードタイムを要してしまうなどの課題があった。

 こうした課題を解決するため、同社では、API未提供メディアにおけるRPAを活用した実績データの自動収集システムを開発。従来の人的作業をシステム化にすることで、アウトプットデータの品質担保や、案件増加に対応するリソース確保が実現した。なお先行導入の事例では、人的作業からシステム化にすることによって、レポート作成にかかる工数を月間6,000時間削減することに成功している。

 また、同社の提供するビジネスインテリジェンスツール「CA Dashboard」 betaとの連携も完了しており、新たに40以上のメディアとの自動連携が可能だ。

【関連記事】
サイバーエージェント、スマホ向けアドプラットフォーム「AMoAd」での「3D AD」の提供を開始
サイバーエージェント、Appleの「Search Ads」運用システムをリリース
サイバーエージェントの広告運用プラットフォーム、「Facebookプレイアブル広告」の配信が可能に
サイバーエージェント、「CA ProFit-X」に新機能を搭載 事前に設定した掲載基準で広告を精査
O2O広告市場、5年後には約12倍に?【サイバーエージェント調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5