SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Webの表示スピード改善でUX向上へ!ドーモ、パフォーマンス計測ツール「SpeedCurve」を提供

 モバイル表示最適化サービスなどを展開するドーモは、SpeedCurve(本社:ニュージーランド・オークランド)との業務提携を発表した。同社は日本における正規代理店として、SpeedCurveの提供するSaas型パフォーマンス計測ツール「SpeedCurve」の販売、サポート、およびWebのパフォーマンス改善に対するコンサルタントサービスを提供する。

 Webサイトの表示スピードについて、現在Googleやamazonは、操作を開始してから3秒で表示させることを推奨している。ところが、表示まで20秒、30秒もかかってしまうサイトが少なくない。

 同ツールには、Syntheticと呼ばれる合成モニタリングと、RUM(RealtimeUser Monitoring)という実測を行う2つの機能がある(現在、RUMは準備中)。Syntheticのメリットは正確性であり、Webサイト経由で計測しているため、サードパーティの影響もチェックできる。能動的にWebサイトにアクセスして計測するため、エラーの検出も可能だ。

 また、オープンソースの「Webpagetest」やGoogleの「lighthouse」を取り込み、時系列に計測する。ビジュアライゼーションにより、感覚的に状況を把握しやすいのも特徴のひとつだ。

 そして、事前に設定を行うことで、ビジネスタイム以外の計測も実現。継続的に計測を行うことで、Webにアクセスするユーザーがどのような状態にあるかを常に把握できる。

【関連記事】
CCI、媒体社向けに「CCI MEDIA DOCK」をリリース サイト改善など5つの支援ツールを統合
パソナとWACUL、Webマーケティング支援で協業~AIによるサイト改善案を実行までサポート可能に
Kaizen Platform、サイト改善事例ライブラリの提供を開始~同業種の事例も確認可能に
UNCOVER TRUTHとKaizen Platform、Web改善ワンストップサービスの提供開始
Kaizen Platform、サイト改善支援チームを提供する「特化型グロースハックチーム」開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/16 13:00 https://markezine.jp/article/detail/29483

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング