MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Webの表示スピード改善でUX向上へ!ドーモ、パフォーマンス計測ツール「SpeedCurve」を提供

2018/10/16 13:00

 モバイル表示最適化サービスなどを展開するドーモは、SpeedCurve(本社:ニュージーランド・オークランド)との業務提携を発表した。同社は日本における正規代理店として、SpeedCurveの提供するSaas型パフォーマンス計測ツール「SpeedCurve」の販売、サポート、およびWebのパフォーマンス改善に対するコンサルタントサービスを提供する。

 Webサイトの表示スピードについて、現在Googleやamazonは、操作を開始してから3秒で表示させることを推奨している。ところが、表示まで20秒、30秒もかかってしまうサイトが少なくない。

 同ツールには、Syntheticと呼ばれる合成モニタリングと、RUM(RealtimeUser Monitoring)という実測を行う2つの機能がある(現在、RUMは準備中)。Syntheticのメリットは正確性であり、Webサイト経由で計測しているため、サードパーティの影響もチェックできる。能動的にWebサイトにアクセスして計測するため、エラーの検出も可能だ。

 また、オープンソースの「Webpagetest」やGoogleの「lighthouse」を取り込み、時系列に計測する。ビジュアライゼーションにより、感覚的に状況を把握しやすいのも特徴のひとつだ。

 そして、事前に設定を行うことで、ビジネスタイム以外の計測も実現。継続的に計測を行うことで、Webにアクセスするユーザーがどのような状態にあるかを常に把握できる。

【関連記事】
CCI、媒体社向けに「CCI MEDIA DOCK」をリリース サイト改善など5つの支援ツールを統合
パソナとWACUL、Webマーケティング支援で協業~AIによるサイト改善案を実行までサポート可能に
Kaizen Platform、サイト改善事例ライブラリの提供を開始~同業種の事例も確認可能に
UNCOVER TRUTHとKaizen Platform、Web改善ワンストップサービスの提供開始
Kaizen Platform、サイト改善支援チームを提供する「特化型グロースハックチーム」開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5