SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE Sales Promotionに「LINEオープンキャンペーン」が!クリスマス福袋の実施も

 LINEは、同社が運営する「LINE Sales Promotion」の新たなプラットフォームとして「LINEオープンキャンペーン」の提供を開始した。

 「LINE Sales Promotion」は、店頭オペレーションの軽減や店頭POPの削減、キャンペーン参加の促進、購買行動の把握といった、店頭販促の課題を解決するソリューション。LINEとその関連サービスの活用によって、飲料・食品などを中心としたメーカーと流通小売店舗、一般消費者の三者をつなぐことが可能だ。

フローイメージ
フローイメージ

 「LINEオープンキャンペーン」は、キャンペーン応募を通じたブランドの認知や理解促進を目的とするプラットフォームだ。企業は、LINE公式アカウントなどから告知を行い、キャンペーンページに集客する。ユーザーはキャンペーンページの応募ボタンを押すだけで応募が可能で、結果は即時にわかる。

 また、ユーザーがタイムラインへのシェアを選択すると、応募と同時にタイムライン上にシェアされる。これにより、企業はタイムラインを起点に、新規ユーザーへキャンペーン参加を促すことが可能だ。

 同社が過去に実施したキャンペーンにおいては、最大約500万UUのキャンペーン参加人数の実績があり、集客と新規ユーザーへのリーチ獲得が見込める。

 同プラットフォームは、同社が10月から提供を開始したオプションメニュー「ビデオオプション」を組み合わせることも可能。応募時にユーザーに動画コンテンツを視聴させることができるため、ブランド認知や理解を促進できる。また、キャンペーンに応募すると自動でLINE公式アカウントの友だち追加が行われ、LINEを通じた後追いプロモーションも実現する。

 あわせて同社は、同プラットフォームを活用したシーズン企画として、12月10日から26日までのクリスマスシーズンを対象とした「クリスマス福袋」キャンペーンを行う。

 「クリスマス福袋」では、拡散性に加えて、新規ユーザー獲得につながる様々な仕組みをワンパッケージで提供する。具体的には、2,500万超の友だち数を有する「LINEポイント」の公式アカウントから、同キャンペーンを告知。さらに、参加したユーザーを、応募完了ページから「LINEポイント」の公式アカウント内のキャンペーン一覧ページへ誘導することで、複数のキャンペーン間を横断した相互送客の仕組みを実現する。加えて、対象となるキャンペーンに3つ以上応募したユーザー全員に対し、LINEポイントを付与するキャンペーンも併設する。

【関連記事】
LINEの店頭販促ソリューションに「ビデオオプション」が追加 抽選結果の待ち時間にもブランド体験を
加入まで最短60秒!LINE Financialと損害保険ジャパン日本興亜「LINEほけん」を提供
LINE、トヨタのナビ基盤を「Clova Auto」と統合 ナビ機能搭載アプリを2019年に提供へ
アライドアーキテクツ、LINEのトークルーム上で参加まで完結するキャンペーン施策の支援を開始
チケットの検索から購入・入場までをLINE上で完結! LINE TICKETがサービスをリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/19 14:27 https://markezine.jp/article/detail/29515

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング