MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソーシャルメディアが店舗になる未来~ソーシャル/ライブコマースの台頭

2018/11/26 14:30

 インフルエンサーが身につけている洋服やアクセサリー、またインフルエンサーが紹介する商品・サービス、これらの情報が消費者の購買意欲をかきたて消費を促している。今回は「ソーシャルメディアの店舗化」ともいえるトレンドから、未来の小売りを見通す。

※本記事は、2018年11月25日刊行の定期誌『MarkeZine』35号に掲載したものです。

 HootsuiteとWe Are Socialのレポートによると、現在の世界人口は約76億人、そのうちインターネット利用者は40億人を超え、ソーシャルメディア利用者は32億人に達しようとしている。またモバイル利用者は50億人以上、モバイル上のソーシャルメディア利用者は30億人に迫る数だ。

 日本や欧米諸国では、少子高齢化による人口減少が進んでいるが、新興国では人口が増えており、世界人口は増加傾向にある。それにともないインターネット利用者、ソーシャルメディア利用者、モバイル利用者も増えていく見込みだ。

 この世界的な大変化のなか、消費者の購買プロセスも大きく変化している。一昔前であれば、テレビ、新聞、雑誌などのマスメディアが商品・サービス情報の入り口となっていたが、今ではその役目をソーシャルメディアが担うようになってきている。インフルエンサーが身につけている洋服やアクセサリー、またインフルエンサーが紹介する商品・サービス、これらの情報が消費者の購買意欲をかきたて消費を促している。

 ソーシャルメディア側はこの顕在化するニーズに対応するために、ソーシャルメディア上でシームレスに購入できる機能やサービスを導入し始めている。今回はこの「ソーシャルメディアの店舗化」ともいえるトレンドから、未来の小売りを見通してみたい。


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5