SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

広告運用の情報サイト「Unyoo.jp」出張所

Facebook、史上最高の売上高を記録しつつも成長率は鈍化【2018年Q3決算報告】

 アタラ合同会社が運営するメディア「Unyoo.jp」から、コラムやキーパーソンへのインタビュー記事をピックアップして紹介する本連載。今回は、2018年1月31日に発表されたFacebookの2017年第4四半期の決算を読み解いたコラムを紹介します。

史上最高となる売上高を記録、しかし成長率は鈍化

 Facebookが10月30日に発表した、2018年第3四半期(7~9月:以下、Q3)の決算報告によれば、今期の売上高は137.3億ドル、1株あたりの利益は1.76ドルで、アナリスト予想の1株あたりの利益1.47ドルは上回ったものの、売上高は予想の137.8億ドルを下回りました。

Facebook Q3 2018 Results

 売上高は前年同期比+33%で史上最高額ではあるものの、2017年の+49%、2016年の+59%に比べると伸びは鈍化していると言えます(Facebookは「Q3は約1.6億万ドルの外国為替による逆風があった」とコメントしています)。

ヨーロッパのMAUが減少、北米も微増に留まる

 グローバルでの月間アクティブユーザー数(Monthly Active Users:以下、MAU)は+1.79%、3,700万人増の22.7億人に増加したものの、過去最低の増加率となった第一四半期の+1.54%をわずかに上回る成長となり、市場予想の22.9億人には達しませんでした。

Facebook Q3 2018 Results

 特筆すべきはやはりビジネス上重要な指標となる欧米のユーザー数で、前四半期でゼロ成長となった北米は100万人増で回復しましたが、ヨーロッパは今四半期でも100万人を失っています

 広告の売上高はこの2つの地域で72%を占めており、このユーザー数の推移が売上高や株価にどのような影響をもたらすのかが注目されます。

Facebook Q3 2018 Results

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
DAUは北米も伸長せず、ヨーロッパは引き続き減少へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
広告運用の情報サイト「Unyoo.jp」出張所連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中川 雄大(ナカガワ ユウダイ)

アタラ合同会社チーフコンサルタント。Facebookでアカウントマネージャーを務め、広告代理店担当としてFacebookを使ったマーケティング戦略の立案やアカウント構成の最適化を行う。アタラ合同会社には2015年1月から参画。現職ではデジタルマーケティング全体のコンサルテーションや運用型広告全般のオ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/21 07:00 https://markezine.jp/article/detail/29774

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング